真打ち登場か・・・GOLF EFFORT ORIGINAL EF-01

忘れない2011年3月11日(金)の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

ウェッジ再生のはずだったが、中古ショップの画面を見ていて、新品だが良さそうなSWが目に入り、思わず「ポチッ」・・・

ゴルフエフォートといえば、中古界では知られた名前。そこがいわゆる「姫路物」でカスタムウェッジを出しているのだ。
「one-off」というブランド(?)のEF-01

夕闇への手稲山コラソンから見る夕焼けシャフトはN.S.PRO950GHのS、と普通、というか、SWでは軽いくらいか。
ロフトは56度、長さは35.25インチ。総重量451g。でも他のSWと以外に変わらない。ヘッドが効いていないのか。
バランス、バウンスは不明だが、D2、12度程度か。今度、工房さんで測ってもらおう。

到着していきなりバンカー練習をしたので、フェイスにやや痕が・・・。でもどちらにしても、バンカーで使うのだから仕方が無い。最初はNS950が軽く、上手く打てなかったが、慣れるに従って、打てるように。
DGやWV105とは重さが違うので、やはり感覚は少し違う。


EF-01-1EF-01-2EF-01-3
EF-01-4EF-01-5EF-01-6

次に打席で。ポンと置くと自然にフェイスは開くので、開いて振るには最適だろう。
重いシャフトでクラブに振られるという感覚でなく、アイアンの延長で振っている感じが強くした。
X-22のPWで443gなので、その差は8g。アイアンの番手違いの差のようなもんだ。
このようなsettingは初めてであり、意外に良いかもしれない。バンカーも狙ったところにヘッドを落とす、または砂を切る感じが出易い気がする。


関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2011/08/04 ] 武器 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する