実際に練習場では・・・再生SW揃い踏み

忘れない2011年3月11日(金)の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

こうして再生したSWを打ってみたが、最も印象が良いほうに変わったMOZ515。また違う練習場で打つと、これがやっぱり急にシャンクが出るのだ。
ボールを右に置いてやや飛ばそうとする時(70Yぐらい?)、つまりロフトを立てて打つ時である。
普通に、またはやや開いて打つ時は全く出ない。
やはり、バウンス16度とソールの形状の問題なのだろうか・・・
MOZ515ソール削り

結局は、エースSWはFORGED+か、CG15DSGか、TA588か。
MOZ515やTA588のソールをFORGED+のようにカットしてもらうのも有りか・・・。
CG15 DSGTA588 ジップグルーブFORGED+ソール削り

総重量450g台が合っているような気がしている今日この頃・・・。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2011/08/01 ] 武器 | CM(2)

いやいやー、ウェッジも奥深いものですね。
ロフト以外にもバウンスや形状などなど。
使用頻度も高く、アプローチなどの正確性も求められる場面が多いので、やはりこだわっていきたいところですよね。
僕もウェッジをあれこれとじっくり選んでいきたいものですー。
[ 2011/08/02 ] [ 編集 ]

ヒカルさん、有難うございます。ちょっと凝り過ぎですけどね。武器より腕を上げなければいけないのはわかっているのですが、なかなか思うように使える武器が無くて…と道具のせいにする(笑)
[ 2011/08/02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する