忘れてはいけない感覚・・・これだけを身体に覚え込まそう

先日のラウンドでの13番のセカンドショット。
残り150yを7Iで素振りのように、そしてクラブの重さだけを感じて振った感覚。
ほんの少しグリーンをこぼれたが、距離感はピッタリだった。

アイアンもそうだが、ドライバーも力を入れて「打つ」必要はないんだ。
素振り的スイングの途中にボールがある、という感覚。

過去からずっと言われてきているが、やっと少し実感できる感覚を経験した気がした。

今後の練習は、この感覚、『クラブの重さだけを感じて振る感覚』だけを身体に叩き込みたいと思う。

関連記事

言葉にできない自分だけの感覚。これが進歩というか上達の過程なんだと最近思います。細かい動きやパーツを自分で考えながら打ったり作ったりしているうちはまだまだ。自分も精進しないと。
[ 2010/07/01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する