気になるトレーニング・グッズ・・・




「ゴルフコーズ」である。
ゴルフスイングに不可欠な筋力トレーニングができるアイテムで、チューブタイプで無理な負荷が掛かりにくいらしい。
ゴルフスイングに必要とされる、より理想的な筋力トレーニングが可能だとか・・・。
本当かなぁ・・・

日常生活では起こり得ない上半身と下半身の相対する回転運動を必要とするのがゴルフの動き。そして日々のトレーニングがケガからも守ってくれるという意味もある。

ゴムチューブで時々ストレッチをやるが、同じような感じなのだろうか・・・

スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/30 ] 武器 | CM(0)

自分の感性を信じよう・・・ゴーストは???

これまで、自分の感性を信じて「武器」を揃えてきた。
その結果は、あまり失敗は無い。

しかし、「ロッサ・コルザ・ゴースト」パターは、確かに平らなところでは転がりも良く、方向性も良い。
でも、実際のグリーンは当然にアンジュレーションがある。
ゴーストは、ヘッドをグリーンに置き易い。そして置いたら、そこで方向が決まってしまう。
その上、直進性が非常に高いので、ちょっとでもヘッドを置いた位置が違っていたら、「絶対に」入らないのである。

その点、今まで使っていた「PING REDWOOD PIPER S」は、削り出しの打感はもちろんのこと、微妙な感性をそのまま出せたといえるのではないだろうか。
結果として、今年も28パットを2回、叩きだしているのだから、やはり戻してみたいと思う。

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/30 ] 武器 | CM(1)

今年第18戦ロイヤルシップ札幌ゴルフ倶楽部でのラウンド・・・

ドライバーのスイングを昨日変えたばかり。今日のラウンドで少しでも実戦的に使えるようにして、9月の仕事でのラウンドで結果を出すための、いわばお試しラウンド。
ただ、昨日そのための練習をし過ぎたせいか、それと疑似五十肩で身体が痛い・・・
特に左肩が上がりづらいのは気になる。スイング中はあまり気にならないが、終わった後には上がりづらくなる。

今日のラウンドは、OB4発、1~2m程度のパットを外しまくったこと。この2点に尽きる
83のベストタイを出したコースでのプレーとは思えない出来。というより、あまりに波が有り過ぎ。

OBは、まず11番でDRのやや振り遅れで、高い弾道のまま、真っ直ぐOBへ(ボールはゼクシオsuperXD。これで使うのをやめた)。
前半はこれだけだったが、後半アウトでは、2番でやや引っ掛け気味でカート道に跳ねOB。
3番では良い当たりも、やや引っ掛け気味でカート道で跳ねOB。逆に打ち直しはFWど真ん中で残130y弱・9Iだったので約240yは飛んでいた。
そして6番は得意の谷越え右直角ホール。ここも欲を出して右(グリーン方向)を狙い過ぎ、またこの時に限ってコスリ球。木に「カーン」と音がしたので諦め・・・
OBホールはすべて「7」。これではスコアにならない。また近年、1ラウンドOB4発は記憶にない。

パットで1~3mを外したのは5回。そのうち、バーディーパットが3回、パーパットが2回。バーディーを外して結局ボギー(7番ピンハイ右2mに1オン3パット)もあった。
ロッサ・コルザ・ゴーストにして、その直進性と転がりの良さは特筆ものと感じていたが、反対に機械的であり、真っ直ぐ行くので、ヘッドを置いた時点でボールの通り道が決まってしまうような感じもある。
なので、あまり感性が生かされないパターという感じもしていたのも事実。
どうもそれが今日のラウンドで露呈した感じであった。
今年は28パット2回、30パット1回を記録しているが、それはすべて前に使っていた「PING REDWOOD ANSER PIPER S」である。やはり削り出しのあのヒットした感覚が自分には合っているのか・・・
事実、結果を出しているのだから、やはり戻してみるべきだと思った。

では、スイング改造中のDRはどうだったか?
引っ掛け気味OBも確かにあったが、きっちり当たる感じも並行して感じている。
ティーはロングティーを使ったが、アドレスで右に頭を残し、ハンマー投げのように放り投げる感覚、フォローでは飛球線方向に腕を伸ばす感覚・・・これらが出来た時は方向性も飛距離も、自分では十分に満足出来る結果が出た

そして新3W「EPON AF-202HT」。これも実際に地面から打ったのは初めてだが、やはり15度でも打てるし、飛距離も出る。
12番の2打目はジャストミートではなかったが、G手前60y程度のラフまで行き、寄せてパーだった。
また、8番ではDRがダフってFWに到達した程度しか飛ばず。しかし2打目を3Wでドローを掛けたら、しっかり飛距離も出たし、ドローも掛かって、458yのロングで残90yだった(でもPWでショートしたが・・・)。
新3Wは十二分に実戦で使えることも確認できたのは大きな収穫

中1週はラウンドが無いので、肩と腕の痛さを消すことと、様子を見て、DRのスイングを確立することが出来れば、と思っている。
その意味で、スコアは滅茶苦茶だったが、実り(反省材料)の多いラウンドだったと思う。
  
イン   4 4 5  4 3 4  4 3 5
      △+3- △-- +3-△ 45
      2 2 2  1 2 2  2 2 2 (17)  
アウト  4 4 4  5 4 4  3 5 3 
     △+3+3 -+3+3 △△△ 52 
      2 2 2  2 2 2 3 2 2 (19)  TOTAL97(36)

【今日のデータ】
パーオン率:33.3% ボギーオン率:61.1% FWキープ率:50.0% 平均パット数:2.000
バーディー数:0 パー数:5

無理のあるスイングと無理の無いスイング・・・

「behind the ball」を強く意識する余り、脱力して軽く振れてはいるのだがやや無理がかかったスイングと、今日の修正でうまくいったスイング。
やはり、バランスなどは圧倒的に今日の修正後スイングのほうがいい

2010-8-15 DR←クリックで動画へ  2010-8-28 DR正面←クリックで動画へ

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/28 ] 分析 | CM(0)

10フィンガーグリップを試してみたが・・・

何でも挑戦、ということで、今週のゴルフダイジェストに出ていた「10フィンガーグリップ」も試してみた。
しかし、全く脱力して振れず、これを続けて習得する必要性が全く感じられなかったので、すぐに断念した。
飛距離アップ、フェイスの向きも安定・・・など良い面がたくさん強調されていたが、さすがにすぐには無理なので、かえって今までのスイングを壊してしまうので、止めた。

ベースボール・グリップではないにしても、今までのグリップを全面的に変えて習得するには、相当な努力が必要に感じた。

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/28 ] 雑感 | CM(1)

ちょっと気付いたこと・・・

今日のドライバー修正で、良い当たりとなっているが、打っていて、インパクトの音が今までと違うことに気付いた。
打ち抜いた時も、あまりショックは無く、いわゆる芯で捕えている証拠なのだろうが、同じボールでの比較という意味で、コラソンの過去の音と比較してみた。
今回のほうが締まった音というか、大きな音はしていない感じがした。

コラソン音1←クリックで動画へ  2010-8-28 DR後方←クリックで動画へ


修正ドライバースイングの分析・・・その2

今度は後方から。以前のスイングの連続写真が無いので、動画での比較になるが、修正前はフォローでの手の位置が低い。しかし、修正後は高く、縦振りしているのもわかる。背中に当たるシャフトの角度も今のほうが明らかに「縦」。
実際に、以前よりも縦回転なので、真っ直ぐ飛んでおり、引っ掛け的な球が出ない・・・
試行錯誤した上での自力での「発見」みたいな感じである




←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/28 ] 分析 | CM(0)

修正ドライバースイングの分析・・・

左が部屋素振りイメージ前、右は後。これで違いが判るくらいだから、打っている感覚はかなり違うのである。
インパクト(4枚目)では、左腰が突き出ている、即ち、以前より回転しているのである
フォロー(5枚目)では、腕も伸びており、何より左脇が締まっている
HEAD2 DR1腰回転、腕伸ばしDR1

HEAD2 DR2腰回転、腕伸ばしDR4

HEAD2 DR3腰回転、腕伸ばしDR6

HEAD2 DR4腰回転、腕伸ばしDR8

HEAD2 DR5腰回転、腕伸ばしDR10

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/28 ] 分析 | CM(0)

部屋素振りのイメージを練習で・・・

8-28 爽やかコラソン
早速、部屋素振りで「悟った」感覚を身体に覚えさせるために練習へ。
今日は朝から暑さはあるが、爽やかな天気。
持って行ったのは、DR、3W、7I、9I、SW。

まずはSW、9I、7Iで身体を解す。
そして7Iで腰回転に後から付いて来るクラブの感覚で振る練習。インパクトで腕が伸びて球をとらえる練習。
試行錯誤した結果、ある程度身に付いたのが動画のスイング。
過去に腰回転をもっと、と練習したこともあったが、どうもうまくいかなかった。
今回はトップアマの写真などを参考に、インパクト後は放り投げる感じだけでなく、飛球線方向に腕を伸ばすことを強調してみた。
すると、方向性は真っ直ぐ高い弾道
要は「縦振り」になっていて、ボールに縦回転が掛かっており、横回転が掛かっていない感じだった。なのでこれまでのように力を入れなくても飛距離も出ているのである。
2010-8-28 7I←クリックで動画へ

そして、同じ感覚を維持してDRへ。これも同様である。
これまでの試行錯誤の中で、一番『不自然さが無いスイング』のように感じる。
2010-8-28 DR正面←クリックで動画へ  2010-8-28 DR後方←クリックで動画へ

そして、非常に気持ちの良い弾道が続いたので、ボール(ティー)の高さと、DRのフェイスの見え方(目の位置から撮影)も記録しておいた。
これを見ると、今より少しティーは高めかなぁと思い、帰りにゼロ・フリクションティーのロングも念のため購入。
DRボールの高さ1DRボールの高さ2

DRフェイスの見え方1DRフェイスの見え方2ロングティー

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/28 ] 練習 | CM(2)

フューリック、プロアマ遅刻で出場資格無し・・・

フェデックスカップのプレーオフ第1戦、バークレイズ。
フェデックスポイント3位のフューリックがプロアマ遅刻で出場資格を失った。

最初はこのニュースに耳を疑った
いくらなんでも、いろいろとチェックは入るのではないだろうか?

でも真実。最後は自己責任。
それに比べて、日本はどれだけ甘いことか・・・。遼くん人気や藍ちゃん人気でもっているけど、根本的な問題はどうなんだろうか・・・

アメリカが何でもいいとは思わないが、ビジネスに関するルールの厳しさ(表面は・・・)を目の当たりにした

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/27 ] 雑感 | CM(0)

もう少し考察・・・

トップアマは、インパクト時には腰が飛球線方向に向くほど回転している。これは以前からわかっていること。
お手本1

自分はそこまで腰が回転していない。なので、頭は残っていても、左腕とクラブも一直線になっていない。
腰回転不足1

部屋素振りではダウンは良い感じで腰も回転しており、タメも出来ている。
素振りイメージ1

腰の回転を続けたまま振り切ると部屋が壊れるので、腰が止まっているが、腕は伸び切っており、一直線に近づいている感じ。『この感覚』で腰の回転を止めずに振り切れば、いい感じなのではないだろうか・・・。
早速、近日中に練習場で確認してみよう。
素振りイメージ2

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/26 ] 分析 | CM(0)

部屋で素振りをしてみて・・・

家イメージ素振り←クリックで動画へ

「ハンマー投げのように放り投げる感じ」「インパクト時点では、もっと頭が右に傾いていて、左腰が突き出ている、いや、突き出ているというより、回っている」という感覚はこんな感じだと思う。

振り切ると部屋が壊れてしまうのでインパクトで止めている(腰の回転も止まっている)が、腰の回転はそのまま回し続けるイメージ。腰の回転の後からクラブが振られてくる感じとでもいうのか・・・。
これだと、力は要らないはずだ。
インパクトの時には腕が縮こまっていないで、伸びているはず。そして遠心力でクラブに振られていく感覚。
右肩が下がり過ぎているのは、ちょっと過剰に意識し過ぎ。

ただ、この素振りだと、ティーアップしたボールがどの辺りにあるかが具体的にははっきりしない。
やはり、練習場での素振りが効果的のような気がする・・・。

五十肩ではないが・・・

最近、練習後やラウンド後に、何となくモワーンと左肩から二の腕にかけて、重くなるときが多い。
ヒジではないのでゴルフエルボーではないが、昨年ゴルフエルボーになっているので、やはり細心の注意を払いながら、と思っている。

年齢的には「五十肩」の可能性はあるが、そこまで定義に当てはまるものでもない。
うまく付き合っていくしかないし、ラウンドや練習も考えながらやっていくしかない。

あまり無理はしないで、痛みが出ないようにやっていくしかないだろう。

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/26 ] 雑感 | CM(0)

根本的なスイングの違い・・・

自分のスイングとトップアマの分解写真を比較すると、その違いがよくわかる。
腕の三角形がしっかり出来ていて、フォローでは頭とクラブが引っ張り合って伸び切っている。
どうも自分のクラブを放り投げていく感覚の始まるポイントが遅いような気がする
インパクト時点では、もっと頭が右に傾いていて、左腰が突き出ているのだ。突き出ている、というより、回っているのだ。
ダウンに入るときには、もう頭を飛球線と反対側に引っ張る意識で良いはずだ。
クラブを放り投げるイメージは間違っていない。
練習場の素振りでイメージを作り上げるのがいいかもしれない・・・
HEAD2 DR4HEAD2 DR5

トップアマのスイング。
トップアマインパクトトップアマフォロー

トップアマで、「中年の星」田村さんのスイング。
田村氏インパクト田村氏フォロー

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/24 ] 分析 | CM(1)

秋保CCで使ったボール・・・

秋保CCでは、試しに買ったツアーステージX-01G+を使った。
AD333に比べると硬いかなぁ、との懸念があったが、DRやFW、アイアン、ウェッジは硬い感じは無かった。
ただ、パターは微妙に硬いかもしれない。気になるほどではないが・・・。

飛距離、方向性、距離感もなかなかであり、次のエースボール候補かもしれない。
ただコストパフォーマンスを考えると、AD333は捨てがたいのである

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/24 ] 武器 | CM(0)

現在のsetting・・・

PTやFWが変わったので、更新しておこう。

EPON460DREPON AF-202HT-1
FW FC-614UT UT-306
IRON LEGACYゴースト2

【1W】EPON 460(Diamana 'ilima60 by MITSUBISHI RAYON)[ヘッド体積:460cc]
ロフト:10.5度 長さ:45.5inch ライ角:61.0度 硬度:S バランス:D2
調子:中 トルク:3.5 シャフト重:61g クラブ重さ:312g

【3W】EPON AF-202HT(N.S.PRO GT600 FW by NIPPON SHAFT)[ヘッド体積:157cc]
ロフト:15.0度 長さ:43.0inch ライ角:58.0度 硬度:S バランス:D2
調子:中 トルク:3.8 シャフト重さ:61g クラブ重さ:329g

【7W】CONCEPT SYB VESPO FC-614(N.S.PRO GT600 FW by NIPPON SHAFT)[ヘッド体積:150cc]
ロフト:21.0度 長さ:42.0inch ライ角:57.5度 硬度:S バランス:D2
調子:中 トルク:3.8 シャフト重さ:61g クラブ重さ:339g

【UT】FOURTEEN UT-306(MD-370u)
ロフト:21.0度 長さ:40.0inch ライ角:58.5度 硬度:S
バランス:D1 調子:中 トルク:3.3 シャフト重さ:65.0g クラブ重さ:349g

【UT】FOURTEEN UT-306(MD-370u)
ロフト:24.0度 長さ:39.5inch ライ角:59.0度 硬度:S
バランス:D1 調子:中 トルク:3.3 シャフト重さ:65.0g クラブ重さ:358g
503H BASSARA3
【UT】TITLEIST503・H(BASSARA HYBRID)
ロフト:22.0度 長さ:39.5inch ライ角:59.0度 硬度:R
バランス:D2 調子:中 トルク:2.2 シャフト重さ:63.0g クラブ重さ:353g

【5I】CALLAWAY LEGACY IRON(GS95 R300)
ロフト:25.0度 長さ:38.0inch ライ角:60.5度 硬度:R バランス:D1
調子:先 トルク:2.4 シャフト重さ:96g クラブ重さ:402g

【6I】CALLAWAY LEGACY IRON(GS95 R300)
ロフト:28.0度 長さ:37.5inch ライ角:61.0度 硬度:R バランス:D1
調子:先 トルク:2.4 シャフト重さ:96g クラブ重さ:409g

【7I】CALLAWAY LEGACY IRON(GS95 R300)
ロフト:31.0度 長さ:37.0inch ライ角:61.5度 硬度:R バランス:D1
調子:先 トルク:2.4 シャフト重さ:96g クラブ重さ:415g

【8I】CALLAWAY LEGACY IRON(GS95 R300)
ロフト:35.0度 長さ:36.5inch ライ角:62.0度 硬度:R バランス:D1
調子:先 トルク:2.4 シャフト重さ:96g クラブ重さ:418g

【9I】CALLAWAY LEGACY IRON(GS95 R300)
ロフト:40.0度 長さ:36.0inch ライ角:62.5度 硬度:R バランス:D1
調子:先 トルク:2.4 シャフト重さ:96g クラブ重さ:426g

【PW】CALLAWAY LEGACY IRON(GS95 R300)
ロフト:45.0度 長さ:35.5inch ライ角:63.0度 硬度:R バランス:D2
調子:先 トルク:2.4 シャフト重さ:96g クラブ重さ:442g
209の1
【SW】MYSTERY 209 WEDGE(Dinamic Gold S200) [bauns:11]
ロフト:57.0度 長さ:35.25inch ライ角:63.0度 硬度:S200 バランス:D3
調子:手元 トルク:1.7 シャフト重さ:118g クラブ重さ:472g

【PT】TAYLORMADE ROSSA CORZA GHOST AGSI+
ロフト:4.0度 長さ:34.0inch ライ角:70.0度 バランス:D8 クラブ重さ:519g

なお、クラブ重さは実測である。

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/24 ] 武器 | CM(0)

DRのスイングチェック・・・

頭とヘッドが引っ張り合う力を最大限にすること、打ちに行かない、頭を動かさずにハンマー投げのようにクラブを放る感覚・・・。もちろん、腕で振る訳ではないので身体には力を入れず、脱力。

これらをしっかり身につけるべく、スイングチェック。左は放り投げる意識が弱いスイング。右のスイングのほうが、頭の動きも少ないし、フォローでも腕が伸びている。やはり「ハンマー投げのようにクラブを放り投げる感覚=クラブに振られる感覚」は重要だ。
アドレス、インパクト、フォローで比較しているのはザック・ジョンソン。さすがに彼ほどではないが、以前のスイングよりは格段にインパクト、フォローで「behind the ball」になっている。
2010-8-24 DR1←クリックで動画へ 2010-8-24 DR2←クリックで動画へ

HEAD1 DR1HEAD2 DR1ザック・ジョンソン1

HEAD1 DR2HEAD2 DR2

HEAD1 DR3HEAD2 DR3

HEAD1 DR4HEAD2 DR4ザック・ジョンソン2

HEAD1 DR5HEAD2 DR5ザック・ジョンソン3

宮本プロのアドレスを芹沢プロが右肩の下がり過ぎをチェック(左)。少し前に意識し過ぎた自分のアドレス(右)。同じだ
宮本アドレス右肩下がり過ぎアドレス

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/24 ] 練習 | CM(0)

違う練習場で3W打ちこみ・・・

雨上がりニューまこ
昨日の未明は大雨だったようだ。道内も被害がかなり出ていたようだ。
しかし、朝になったら峠を越えたようで、「よく練習場が変わったら全然打てなくなるクラブ」というのもたまにあるので、心配なので新3Wをニューまこで打ってみた。

でもその心配は全くの杞憂に終わった。ティーアップはもちろんのこと、地面からでも良い当たりばかり。方向性、飛距離、弾道の高さ、どれも満足な結果。
ティーアップ時は下手をしたら、DRと同じぐらい飛んでいるんじゃないか?といった具合
本当に素晴らしい15度の3Wだ
2010-8-24 3W←クリックでYouTubeへ

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/24 ] 練習 | CM(2)

とうとうタイガー・ウッズも正式離婚・・・

フェデックスカップのプレーオフ前に発表したのが、吉と出るか凶と出るか・・・
私生活には早くケジメをつけて、スーパープレーをまた見たいものです・・・

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/24 ] 雑感 | CM(0)

気が付いたらエポンAF-202HTが・・・

土砂降りコラソン
今日完成して、工房さんに受け取りに。
そしてその足で練習場で早速打った。ただ、外は久しぶりに土砂降り
ボールの落ち際は霞んで見えないくらいだが、打感は素晴らしい
そして飛距離も出ている。弾道も3Wとは思えないほど高い。
何といっても15度を地面から簡単に打てるのが夢だった自分に、このFWは夢を実現させてくれた。
コラソンで打ってみたが、音も素晴らしい。
EPON AF-202HT完成←クリックでYouTubeへ

さすがにシャフトはFUBUKIだとあまりに高価なので、今のFWと揃えて、隠れた名器、日本シャフトのN.S.PRO GT600 FWのSにした。しかしこれにしても打ち易さは変わらず、やはりこのシャフトは隠れた名器だとつくづく感じた。
スペックは、素材は鍛造チタン、バランス:D2、グリップはDRやFWと同じのニューディケイド・サンド・コード。
総重量は329gで、今の5Wと3g違うだけ。
フェイスは見たとおり薄い。
EPON AF-202HT-1EPON AF-202HT-2

「FORGED by EPON」と印字されているが、DR(EPON460)のヘッドカバーは「JAPAN FORGED」だった。恐らく今はタイ工場で作っているから、そう変わったのだろう。
実際はフェイスのバルジが結構あって、これが先に当たってもドローで戻ってくる大きな役目を果たしている。
EPON AF-202HT-3EPON AF-202HT-4

そしてシャフトは名器「N.S.PRO GT600 FW」。ヘッドカバーのデザインはEPON460とほぼ同じ。
EPON AF-202HT-6EPON AF-202HT-5

工房さんから粗品としてキャップも頂いた。有難うございます。
EPON CAP

はるるさん、hinoe_uma66さん、すみません、作っちゃいました

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/23 ] 武器 | CM(5)

秋保CCでのラウンドを振り返って・・・

今回はDRのFWキープがそれなりだった。
前半で4回、後半で5回、64%である。
しかし、FWをキープしてパーを取ったホールは2回のみ。
もっとパーを取れないといけないはず。
これは、2オン出来ずともグリーンに良い感じで近づいてPWでアプローチ、という状況も多かったが、突っ込みが少なかった点があげられる。
もう少し突っ込めたら「パターで何とか」に持ち込めるのだから・・・

逆に、FWをキープしてダボ以上は1回(スタートのトリプルだけ)。
#5、#6の素ダボは、FWキープ出来なかったもの。
これも、PWのアプローチのコンタクト次第だった。

ショートホールは、4つのうち、3つでパー。
自分としては、「ショートは外したら、もうパーの確率が難しくなる」という意識だから、今回はそれなりに精度があったショットが打てているということだろう。またショートに限っては、寄せも上手くいっているということだろう。

印象に残ったショットは、3番ロング左ドッグレッグ538y。DRはドローでコースなり。2打目は5Wで真っ直ぐFW。これで残り120y。DRは約230y、5Wは180yぐらいだったのだろう。ただ、3打目が微妙にインパクトで調整してショート。どうも120yという距離は、PW(110y)と9I(130y)の間で、自分にとっては微妙なようだ。

次は、10番358y。DRでFWキープ、残135yをギリギリ8Iで乗せたが2段グリーンで1stPTで4m残したが、次に沈めたこと。これはやはり新パターの効果だと思う。

そして、17番355y。DRはFW左。残170yだが、典型的な左足下がり。平地なら5ID、だが、手前でも良いので斜面に沿って打ってみよう、という意識で振ったら、きれいにグリーンすぐ手前。ボールを真ん中ぐらいに置いて打ったのが良かったように思う。PWで寄せて1PTのパー。こういったゴルフがしたい

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/23 ] 雑感 | CM(0)

今年第17戦秋保カントリークラブでのラウンド・・・

仙台駅前
仙台の知人と会社の同僚とのラウンドのために、休み中に仙台へ。20日に仙台に入り、ラウンドは21日。
20日はそれほど暑くなく、また21日朝も曇っていたが、やはり天気予報通り、ラウンドを始めてすぐに真夏の暑さに・・・。暑さ対策のための「マジクール」これは効果絶大であった

秋保CCは名門。長い訳ではないが、それなりに狙い所を考えないとスコアがまとまらないコース。
知人がメンバーであり、今回は丁寧に解説して頂いた。

1番でDRダフり、バンカーにも入れ、いきなりトリプルスタート。課題である最初の3ホールでもう失敗。
2番は右斜面で止まったが、9Iで上手く斜面の先のFWまで持って行き、PWで下4mに乗せたが入らずボギー。
3番はドローでコースなりのベスト。5WもFW。残120yを9I軽めに打ったらショート。PWで下5mに乗せたが2PT、ボギー。
4番も125yほどで9Iだがティーで調整し過ぎてショート、ボギー。
5番は右ラフに外し、4オン2PTの素ダボ
6番サービスロングだが、DRはFW右、しかし調整し過ぎてあまり思いっきり振らなかった7Wで左ラフ。前下がりラフ110yをPWでG手前ラフ。ここでPWが強く入って乗ったものの遠くに。3PTの素ダボ。
7番、DRはFW右。しかし右ドッグ上りで目の前に高い木。ここで503H(22度UT)で打ったら前上がりでやや引っ掛け気味、危なく左OBかと思ったが、セーフで結局はボギー。
この時の暫定で503Hで打った打球は気持ちが良いほど飛んで、グリーンすぐ手前まで飛んでいた。方向性、飛距離とも申し分無しやはりこれをセットに入れるべきだろう。
8番、8Iで横4mにつけたが、弱気のPTでパー。直進性が高いロッサ・コルザ・ゴーストでもあまりカツンと打つと転がり良すぎるという意識が頭を過ぎってしまった・・・
9番、DRはFW右、残り212yだったが、5WでG手前まで運ぶ。PWで寄せるも2PT、ボギー。

前半はイマイチ消化不良で、FW4回キープの18パットの48。
もちろん、初めてのコースなので仕方がないが・・・。

10番、FWキープで残135yを8Iで何とか2オン。二段グリーンだったがなんとか入れてパー。
11番、FW、残130yを9Iでショート。SWで1mに寄せたが、外してボギー。もったいない・・・
12番、160yを6Iでショートしたが、SWで左3m。これを入れてパー。
13番、DRは引っ掛け気味で左ラフ、3UTでFW残125yへ。9Iで引っ掛けG左ラフ。SWで1.5mに寄せたが僅かに外しボギー。これももったいない
14番、FW右だがあまり飛んでおらず、5Wで花道まで。PWで下5mだったが外しボギー。
15番、FW右で残125yだが、きつい上りなので8Iで花道まで。PWがしょぼってG端にしか乗らず、2PTのボギー。
16番、打ち下ろし140y、打ち下ろしを考えずに8Iでピンハイ左7m。何とか2PTでパー
17番、FW左、残170yきつい左足下がりを5Iできれいに打って、G手前へ。PWで下4mに寄せ、これを1発で決めパーこの左足下がりライでの5Iは実にきれいに打てたと思う。
18番、DRは右バンカー、6Iで出した程度、5Wは良い当たりで残130y。8Iでピン手前8mにオン。2PTで入ったと思ったら、カップ手前で止まったこれが入っていたら80台だったのに・・・。

後半は、17パットの42。DRとショットは良かったと思う。惜しいところのパットか。それにPWで寄せをもう少し突っ込まないと・・・。新パターは2~3mは入っても、さすがに4~5mは厳しい

結果は以下の通り。でも後半のようなゴルフが出来れば、安定してくるはず。でも出だしで大叩きはどうにかしなければいけないなぁ
それにしても、後半は暑かったマジクールのおかげで何とか首を冷やして続行出来たような実感。

アウト  4 4 5  3 4 5  4 3 4 
     +3 △△ △▲▲ △-△ 48 
      2 2 2  2 2 3 1 2 2 (18)  
イン   4 4 3  5 4 4  3 4 5
      -△- △△△ --▲ 42
      2 2 1  2 2 2  2 1 3 (17)  TOTAL90(35)

【今日のデータ】
パーオン率:16.7% ボギーオン率:83.3% FWキープ率:64.3% 平均パット数:1.944
バーディー数:0 パー数:5

クラブは無いが・・・#2とAWだけで練習

「練習」というより、汗をかいて痩せるため、とでも言おうか・・・。

主に#2を打ったが、それでも50球ぐらい。
やはり#2は身体を使って打たないと飛ばない。
まずはティーアップして。少しティーを高めにして腰の「切れ」を出してみる練習にもなった。
ティーをなるべく打たないようにして、ヘッドの芯で捕える練習。

思ったより疲れたが、次にマット直から。
これは予想以上にきれいにミートしていた。気持ちの良い柔らかい打感で、真っ直ぐ打てているのである。
飛距離もそれなりに出ているのである。

全く#2なんか打てないと思っていたが、それなりにミートの技術も上がってきたのかなぁ、と感じた。
でも、やはりリズムが速くなったりすると当たらない。ゆったりとしたほうが芯を食うのである。

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/19 ] 練習 | CM(0)

初めてなので・・・サイモンメモ?

秋保サイモンメモ?
以前も一度、どこかのゴルフ場のホームページにあるコース案内から作ったことがあったが、今回も全くの初めてなので作ってみた。

以前は作ってみたものの、行ったらカートにしっかり説明があったというオチがあったが、今回も恐らくそうはなりそうだが、意外にドッグレッグのブラインドがあったりするので、一応予習の意味も含めて作った。

まぁ、どれだけ役に立つかは、実際のところ、わからないが・・・

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/19 ] 雑感 | CM(0)

暑い遠征に備えて・・・

マジクール
どうも遠征するところの気温は30度ぐらいの見込みである。
湿度は恐らくこちらより高そうなので、暑さ対策を考えておかねばいけない。

そこで「マジクール」を買った。水につけた後、首に巻いたりするものだ。
当然、アンダーアーマーなどは下に着るつもりだが、身体を冷やすものも必要と思い、買った。


←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/19 ] 武器 | CM(0)

今月の「Choice」の記事で・・・

「アイアン鑑定団」の記事の中で、”燕モノ”という記事があった。
これって遠藤さんのことのはず。

ブリヂストン、キャロウェイ、ナイキ、ヤマハなどの代表的な最近のアイアンが出て来ている。
ほぼ当然のような感じで書かれているが、どこにも「遠藤さん」は出て来ない。

三浦技研の三浦さんも出て来ている。

だんだんいろいろなことが知られてきたから、それとなく「頭出し」的にこのように雑誌に出るようになってきたのかなぁ。

もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/19 ] 雑感 | CM(0)

FW用シャフト FUBUKI AX・・・

mrfubukiaxf
エポンAF-202HTを試打したが、挿してあったのは、三菱のFW用シャフト「FUBUKI AX」。
バランスはD2ということだったが、なんとなく感覚的にはヘッドがそこまで効いていない感じだった。

恐らく視覚的な影響が大きいのではないかと思われる。
シャフトの色が「白」でぼんやりしており、太く感じるのである。
黒系なら締まって見えるだろうが、打っていても少し柔らかく緩んだ感じがした。

これはあくまでも個人の感覚の問題だが、もし使うとしたら黒系が良いのではないかと感じた。

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/19 ] 武器 | CM(0)

過去のDRインパクト集・・・

やはり、直近以外は左の壁が流れている・・・。
左壁52010-3-28 DR3
2010-3-19 DR正面520100213DR分解3

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/19 ] 分析 | CM(0)

左に壁を作っているドライバースイング・・・

左へのスェーで、ボールに伝わる力が逃げていると考えられるので、頭とヘッドの引っ張り合い、そして左の壁をしっかり作ることを念頭に置いたスイング。
これがいいのではないだろうか。

これまでは4枚目あたりでスェーが始まっていた。しかしこの写真では左に壁が出来ているように思う。
5枚目のインパクトでは「behind the ball」。
6枚目では、頭とクラブヘッドが引っ張り合っていると思う。体重も左足に乗っており、そのままフィニッシュまで乗ったままに見える。

しかし、これは上手く出来た時のスイング。この再現性を高めないといけないと思う。

左壁1左壁2左壁3
左壁4左壁5左壁6
左壁7左壁8

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/19 ] 分析 | CM(0)

ちょうど46万アクセス!

ちょうど見た時、それも0時ピッタリで46万アクセス。
知らなかった・・・
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2010/08/19 ] 雑感 | CM(0)