アイアンで大きく変わった点・・・(予約投稿)

2016後方スロー⇚クリックで動画へ   アイアン後方スロー0204⇚クリックで動画へ

左は2016年(今まで)のアイアン後方。右は現在修正中のアイアン後方スイング。
今のほうが頭が残っているせいか、フォローが窮屈・・・。前傾が残っているとも言えるか・・・。
クラブの収まる位置が全然違う・・・

同様に正面から。
2016アイアン正面スロー⇚クリックで動画へ   今のアイアン正面スロー⇚クリックで動画へ

スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2018/02/08 ] 分析 | CM(0)

やはり変わった?・・・ハンドファーストにもなっているかも

左はこれまでのアイアン。右は現在修正中のアイアン。
変わっているのは確かかも・・・。
これまでアイアン今のアイアン
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2018/02/02 ] 分析 | CM(0)

数年前のスイングとの比較・・・少し変わったか?改めてまとめてみる(予約投稿)

相当変わっているように見える・・・(左は数年前7鉄インパクト、右は最新インパクト)
以前は、身体が飛球線方向と一緒に左にスライドしていたようだ。
7鉄インパクト7鉄インパクト

【7鉄】2014年頃の動画と、最近動画。
2014 7鉄正面⇚クリックで動画へ   7鉄正面⇚クリックで動画へ

身体が左にスライドしていたようだ。今のほうが左に壁が出来ている?
2014アイアン7鉄インパクト7鉄インパクト

【ドライバー】2012年頃の動画と、最近動画。
20120317DR正面⇚クリックで動画へ   DR正面⇚クリックで動画へ

結果的に頭が残っており、頭とクラブが引っ張り合っているように見える。
2012DR正面インパクトDRインパクト

自分にとっての『胸開き抑え、その場回転、その結果スウェー抑制』のポイントをまとめると・・・
  アドレス・・・肩の脱力
  テイクバック・・・右脚上での上半身捻り
  ダウンスイング・・・右足先への視線

アイアンとドライバーは打ち方が違う前提で、
アイアンのテイクバックとダウンは「正拳突き」。それがひいてはそれがダウンブローに繋がる・・・。
森守洋プロが言うように、「正拳突き」のテイクバック。これが出来ると「その場回転」になる。
自分はずっと身体ごと回していた。それが右へのスウェーっだった・・・
アイアンテイクバック1アイアンテイクバック2

テイクバックは「正拳突き」の要領で、右サイドを「引く」。そうすれば頭も動かない。
アイアンテイクバック3アイアンテイクバック4

アイアンではダウンも「正拳突き」で下へクラブを振る。
ドライバーとの違いはここなのかも・・・。
アイアンダウン1アイアンダウン2
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2018/02/01 ] 分析 | CM(0)

昨年暮れと今の比較・・・(予約投稿)

昨年12月の8鉄と、現在の7鉄。
8鉄正面1210⇚クリックで動画へ  7鉄正面⇚クリックで動画へ

昨年12月の4Wと、現在の4W。
4W正面1210⇚クリックで動画へ  4W正面⇚クリックで動画へ

昨年12月のDRと、現在のDR。
DR正面1210⇚クリックで動画へ  DR正面⇚クリックで動画へ

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2018/02/01 ] 分析 | CM(0)

「その場回転」と今までスイングとの比較・・・

『その場回転(右脚の上で回転するイメージ)』でのスイングと、今までのスイングを動画で比較。
自分の感覚では、相当変わってしまった感があるが・・・。
左がこれまで、右が『その場回転』。
『その場回転』は、椅子に座ってスイングしているように見える・・・

7鉄(左は8鉄)
8鉄正面1210⇚動画へ   7鉄その場⇚動画へ

4W。
4W正面1210⇚動画へ   4Wその場⇚動画へ

DR。
DR正面1210⇚動画へ   DRその場⇚動画へ

←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2018/01/20 ] 分析 | CM(0)

スウェー度合いの違い・・・

プロのスウェー自分のスウェー
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2018/01/11 ] 分析 | CM(2)

今年のデータ分析・・・

来シーズンを考えて、今シーズンのデータを過去と比較してみた。
  スコア3年比較(2015~2017)

パーオン率、パーセーブ率、ボギーオン率、ボギーセーブ率、サンドセーブ率、バ-ディー率、
パット数、FWキープ率など、少しずつ改善。
パーオンしないから、寄せとパットで・・・、が如実に出ているのかも
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/12/31 ] 分析 | CM(3)