FC2ブログ











札幌リージェントトムソンコースを回る・・・スイング修正中を試す

昨年の鴨鍋以来、1年ぶりに「鴨鍋」を食べに、札幌リージェントゴルフ倶楽部トムソンコースへ。
ハーフターン待ち20~30分の見込みだったが、結果的にはスルーへ。
前日(夜明け前?)までの雨で、キャンセルが増えたのではないか・・・。
トムソン1トムソン2

初対面のT氏も交え、アウトからスタート。
「コックで左腕を伸ばしアークを大きくし、上半身その場捻りを意識するスイング」へ転換中だが、
もちろんすぐに身が付くはずもなく、前回の早来北ではたまたま上手くいったが、今回は・・・。

トムソン#4

1番ではDRがしっかり球を捕まえたが、3PT。
2番はダウンの戻りが遅く、右に吹け、またバンカー(といっても前日までの雨ですべて池)に入り、トリプル。
長いミドルの3番でボギーで落ち着いたが、4番ロングで60cmを外し、3PTの素ダボ。
8番ショートは7鉄で2PT、パー。

前半は18PTの49。
こんなにグリーンがややこしかったか?という印象。
まだまだ、コックの戻りダウンでの遅れが目立ち、右に出るケースが多い。
特にDRがそうで、球を捕まえきれていない。

この時期、珍しくスルーで後半インへ。
12番ロングでは、4打目6鉄でコックの戻り遅れも無く、真っ直ぐ打ててグリーンオン
13番ミドルは、DRがほんの少し右に出て、2打目は前上がりを3UTでバンカー(池)に入れてしまい、
かつ3PTでダボ。もう少し考えてマネジメントすれば・・・。
 トムソン13番T氏⇚クリックで動画へ   トムソン13番Y氏⇚クリックで動画へ
 トムソン13番⇚クリックで動画へ   トムソン13番家人⇚クリックで動画へ

14番はDRは左ラフ、しかし4WでFWのいいところへ。
3オンの景色が既に頭を横切ったが、力が入って7鉄を大ダフリ50度の寄せもトップしてG奥に外し、
得意のホールでパーどころかダボの結果に・・・
15番ショートは6鉄で芯を食ったが、やはりコック戻り遅れで右に外す。
 トムソン15番T氏⇚クリックで動画へ   トムソン15番Y氏⇚クリックで動画へ
 トムソン15番⇚クリックで動画へ   トムソン15番家人⇚クリックで動画へ

16番ミドルは天ぷらで引っ掛け、危うくOB
17番ミドルは3オン1PTでパーを拾うが、最終18番ミドルも3オンだが惜しくもボギーに終わる。
 トムソン17番T氏⇚クリックで動画へ   トムソン17番Y氏⇚クリックで動画へ
 トムソン17番⇚クリックで動画へ   トムソン17番家人⇚クリックで動画へ

後半は18PTの47。トータル36PTの96と不本意な結果に
原因はよくわかっているので、確認できたことに感謝。

終了後は、一番の目的の鴨鍋へ
 トムソン鴨鍋
スポンサーサイト

早来カントリー倶楽部北コースを回る・・・「感覚」が戻りつつあるかも

夜明け11033

体調不良や天候不順もあり、久しぶりに早来カントリー倶楽部北コースをラウンド。
約1か月前に、クラブの上げ方を「フッ」と忘れてしまい・・・
もうすぐシーズンは終わりだが、何とか終わるまでに、「感覚」だけは思い出してオフへ、となればよいのだが・・・

早来北1103の3早来北1103の2
早来北1103の1早来北1103の4

楽しいラウンドにすべく、Kご夫妻と一緒に回る。
ずっと快晴で雲1つない青空。風も無い。
けれども、スコアは二の次、ボールをしっかりインパクトする感覚を思い出すことに専念するのが趣旨。

インからスタート。
ボギーから静かにスタート。
インは珍しくダボ無しで16PTの43。
13番ロングは、3打目を池に入れたが、PWで乗せて1PTのボギーでしのぐ。
15番は打上げ3打目、グリーン面が見えない60Yを50度で20cmにつけてパー。
18番も4打目を上4.5mにつけてしまったが、入れてパー。
結局はショートゲームでしのいだ感じ。

まだぎこちないが、DRは「右斜め45度コック入れ」をルーティンに組み込み、意識して振る。
アイアンは、「手を下げヘッドを上げて」コックを意識して振る。
FWは、コックは意識するが、入射角を緩やかに。
コックが重要なのではなく、
「コック≒左腕を伸ばす、体より遠くへ」
「テイクバックでは、その場で上半身をゆっくり深く捻る」を意識すること。

16番各人DR。
早来北16番DR⇚クリックで動画へ   早来北16番K夫DR⇚クリックで動画へ
早来北16番家人DR⇚クリックで動画へ   早来北16番K妻DR⇚クリックで動画へ

17番ショート。
早来北17番⇚クリックで動画へ   早来北17番K夫⇚クリックで動画へ
早来北17番家人⇚クリックで動画へ   早来北17番K妻⇚クリックで動画へ

30分の待ちを経て、アウトへ。
アウトはスタートからダボ、ダボと乱れ、またまた後半はグチャグチャになるのかと懸念したが、
3番でバン入もボギーで落ち着く。
4番では7鉄でカラー、そこから6mを入れてバーディー
しかし7番で1mを外してダボなどもあり、何とかしのいで、
16PTの47で上がり、32PTの90と、即席のイメージ転換の割には、想像以上の結果で回る。
結果ではなく、ボールをしっかりインパクトする感覚を思い出すことが目的だったが、
少し思い出してきた実感。

6番各人スロー。
早来北6番DRスロー⇚クリックで動画へ   早来北6番K夫DRスロー⇚クリックで動画へ
早来北6番家人DRスロー⇚クリックで動画へ   早来北6番K妻DRスロー⇚クリックで動画へ

何とかこの感覚を忘れないようにしたい。
またキャディ付ラウンドだったが、マイペースで歩けたのがかえってリズム的に良かったかも・・・

実際に結果が出た場面・・・(予)

前の記事は、室蘭ゴルフ倶楽部で実践した結果。
 室蘭駒ヶ岳遠景

 いきなり1番(355Y)で「体の右前方45度に(コックで)クラブヘッドを上げる」でティーショット。
 FW左キープでまあまあ芯で打てた。
 3番(411Y)、5番(506Y)、12番(498Y)、18番(363Y)でもFW。
 他のホールでFWを外した場合でも、しっかり振り抜いている「感じ」が戻ってきた。
 ただ、後半に入って、ヘッドのヒールから地面にダフり、引っ掛けるケースも出てしまった。

 50度ウェッジを使った局面では、ほぼすべてが、まあまあの位置にオンした。
 
 手元に戻ったロマロのRAY・UTは使ったのはほとんど3UT(21度)。
 17番(359Y)は、左ラフからほぼ2オンしていた。ラフからの抜けの良さを改めて感じた。

 前半は久しぶりに40台、しかし後半は、ヘッドをヒールから地面にダフる場面が大ミスにつながり、
 ダブルパーが2回、トリが1回と大崩れで50台で、96とまたまた乱調。

 しかし、100は切れるメドがついてきたようだし、体調が戻れば、戻っていく実感も得られたのは収穫か・・・。
 もうシーズン終盤だが、焦らずに、戻していこう 

今年第36戦ハッピーバレーゴルフクラブ札幌でのラウンド・・今シーズン最後のTN決戦

これまでT氏の2勝1敗1引き分けで迎えたTN決戦今年最終戦(第5戦)。
前日の夜まで雨で、朝の気温は8℃まで下がったが、晴れて風が無く、
体感は途中で20℃くらいのイメージで汗がにじむほど。
舞台はTN決戦第3戦が行われたハッピーバレーゴルフクラブ。
ただ第3戦は「青山➡金沢」だったが、今回は「金沢➡伊達山」。
ハッピー1013気温ハッピー1013

前半は金沢コース。
◆1番343Y PAR4 7(1)
  ・T氏、N氏とも同スコアで静かな立ち上がり。   
◆2番501Y PAR5 7(1) OB
  ・プレ4DRからプロV1Xを使用。良い打感・・・。
  ・T氏はど真ん中DRでナイスパー奪取、N氏は2打目の4Wが驚異の当たりだったが惜しくもパーならず。 
◆3番313Y PAR4 6(3) FW
  ・T氏は5Wで誰よりも飛ばすN氏は寄らずに後塵を拝す。
◆4番155Y PAR3 4(2)
  ・N氏は右に外し叩いてしまう。
◆5番393Y PAR4 7(2) FW
  ・T氏が左にOB、N氏の1打ビハインドが縮まる。
◆6番323Y PAR4 5(2) FW
  ・T氏はナイスオンのパー。N氏はGをオーバー。
◆7番135Y PAR3 5(3) B
  ・T氏はバン入もピタリ寄せ、N氏も惜しくもバーディー外し、お互いにパー    
◆8番508Y PAR5 6(2) FW
  ・T氏は2打目が想定外のOBで1打縮まる。
◆9番424Y PAR4 7(3)
  ・T氏、N氏ともナイスドライブでFW、ただ2打目が2オン狙いで力が入る。

T氏はOBがあるも、N氏に4打差リード。後半はこの差を維持できるか・・・。
前半は最近の不調がそのままで得意の4Wも当たらない始末19PTの54
風邪の引きかけを抑えるために薬を飲んでいるせいか、目とボールの距離感がうまくつかめない?・・・。


待ちは40分程度で、後半は伊達山コース。T氏は初めて。
ハッピー伊達山#1

◆1番357Y PAR4 7(3) FW
  ・T氏がいきなりOB、そしてダフリが続き、何と後半最初のこのホールでN氏が追いつく   
◆2番471Y PAR5 (2) FW
  ・3打目ピンすぐ横にPWでドスンだったがバーディーパットを外しパー
  ・N氏は隣3番ホールから攻めたが(初めて見た!)、T氏に及ばず。
◆3番334Y PAR4 5(2)
  ・T氏はダフリが出て、N氏がまたまた追いつく。
◆4番351Y PAR4 5(1) FW
  ・2打目をつい力んだが1PTで何とかボギーに収める。
◆5番144Y PAR3 (1)
  ・8鉄で右カラー、9鉄で寄せて1PT、パー。
◆6番527Y PAR5 8(3) 池
  ・「近道コース」に行かざるをえなかったが池に入れてしまう。ここでレーザー距離計の電池が切れる・・・
  ・T氏はここ名物ホールは初経験だが、何とパー奪取し、T氏がN氏に追いつく。
   毎ホール抜きつ抜かれつが続く・・・。
◆7番348Y PAR4 6(2) FW
  ・ここも4Wで頭を叩き素ダボ。絶不調
  ・T氏はここでも頭叩きが続き、N氏に2打のリードを許してしまう。
◆8番164Y PAR3 4(2)
  ・T氏N氏とも同スコアで、N氏2打リードのまま、最終ホールへ。
◆9番398Y PAR4 5(2)
  ・T氏の「もう無理だ・・・」の諦めが口から洩れる。N氏は難しいカップ位置に対し刻みで行ったが、
   最後にGアンジュレーションに苦しみ、T氏はカラーからチップインパーを入れ、何と最後の最後で
    同点
   ドラマチックな終わり方で今シーズンTN決戦最終戦を終える・・・
   同点引き分けなのだが、T氏は勝った感覚、N氏は負けた感覚・・・。

後半は17PTの48。トータル36PTの102。
絶不調は続いているが、後半はJGRの打感を思い出す。
ボールの打感が戻ってきたのは、戻りつつある証拠か・・・。
風邪薬が抜ければ、4Wも当たるようになるのでは・・・。
スウェーもほんの少し、先に光が見えてきた感じがある。

今年第35戦早来カントリー倶楽部南コースでのラウンド・・・ボールの打感が?(予)

久しぶりのラウンドで、早来CC南へ。
オークレーのシューズは紐に変更。
オークレー紐へ早来#1
早来#6早来#10

48(18)の52(17)の102(35)と大コケ。
早来南スコア

スタートの2打目の4Wが木に当たってダブルパーと、
最終ホール(ロング)がバンカーで3発でダブルパーが全て。54度SWのシャンクも発生
16番の実質180Yのショートを4W1オンでパーは自信になった。

ラウンド中、雪虫が1匹飛んでいるのを見た。
もうすぐ雪が降るのか・・・。

今回の目標は、DRでのスウェー修正。
右へのスウェーは少しは修正出来たかも。
すべてはダウンスイングに伴う左へのスウェー・・・。
打ちに行っている・・・。

早来スウェー意識正面⇚クリックで動画へ   早来スウェー意識正面スロー⇚クリックで動画へ

早来レイヤー右手ゴルフスウェー防止レイヤー

早来DR1早来DR2早来DR3
早来DR4早来DR5

今日のラウンドでボールへの大きな感覚の変化が・・・。
芯がありながら柔らかく、重さもあるというJGRの感覚が好きだったが、
急にそれを感じなくなる・・・
試しに以前拾った柔らかい「XXIO SUPER SOFT X」を打っていい感じ。
ハーフで1スリーブ買って使う。打感が変わったか???
XXIO SUPER SOFT X 1XXIO SUPER SOFT X 2

家に帰って、パターのバックポンプがまた外れる。
今回は真ん中。またプラカラーで塗って修繕。
バックボンブカラー1バックボンブカラー2
バックボンブカラー3

今年第34戦札幌リージェントゴルフ倶楽部新コースでのラウンド・・・職場コンペ、無事終了!

昨年出来なかった職場コンペで、リージェントの新コースへ。
前日までの天気予報では、午後スタートはずっと雨模様だったが、
当日朝時点では、何とかもちそうな予報へ。
結果的にはほんの少し霧雨もあったが、ほとんど雨には降られず

まずは始球式。冠主催者のきれいな一打で開会
 2018コンペ始球式1

前半インスタート。万年幹事の自分は最終組スタート。
10番472Y、PAR5 6(2)
 ・カップクルリンのボギーでスタート。 
11番293Y、PAR4 7(2) B
 ・2打目が前の木に当たり、Gオーバーバン入もあって、トリプル
12番331Y、PAR4 7(2) B
 ・DRが転がり過ぎてバン入、バンカー脱出に3打を要し、またまたトリプル
13番164Y、PAR3 (1)
 ・ローグスター5UでG右カラー寄せて1PT、のパー。
14番325Y、PAR4 5(2) FW
 ・いつも右ラフへ行くホールだが、FWど真ん中、平ら地点手前まで飛ぶ。2オンせずボギー。
15番482Y、PAR5 (1) FW
 ・ここもIPそばまで飛んで4WもFW、PWでG左ラフ、PWで寄せて1PT。
16番359Y、PAR4 5(2)
 ・鬼門のホール。右ラフから刻んで3オン2PT。
17番115Y、PAR3 (2)    
 ・8鉄で乗せて2PT、パー。
18番361Y、PAR4 5(2) FW
 ・FW真中、ローグスター5UでG前。寄せて2PT。

前半は最初につまづいたが、何とかしのいでペースを取り戻し、16PTの46。またか???
「頂戴」意識のアドレスからゆったりテイクバックして振るDRがしっかり当たり、飛んでいる。
下が硬いせいもあるが・・・。
JGRボールもフェイスに食いついて弾く感覚がよくわかり、押し出しているような感覚が気持ち良い。
ローグスターUTも軽めのはずだが、それを意識してゆったり振ると(振り下ろしを急がない)、
真っ直ぐで強めの球。DR同様、フェイスに食いついて、そこから弾く感覚。

後半、そのままアウトへ。
1番472Y、PAR5 6(2)
 ・珍しくDRを左斜面へ。
2番348Y、PAR4 (1) 
 ・右ラフからローグスター5UでG前、SWで乗せて、1PT。
3番128Y、PAR3 5(2) B
 ・9鉄で引っ掛けG左前バン入、乗らずにダボ。
4番339Y、PAR4 5(2) FW  
 ・またまたIP越えでFW。珍しく二段G上のカップにPWでショート2打目がPW???
5番517Y、PAR5 6(2) FW
 ・FW右ギリFWから4Wが飛ぶ。でも結局はボギー。
6番348Y、PAR4 6(2)
 2018コンペ虹1
 ・きれいな虹が・・・。
 ・DRが右に吹けたもったいない・・・。
7番383Y、PAR4 5(2) B
 2018コンペ虹2
 ・DRは池が見える右ラフまで。ローグスター4UでG左を狙ったつもりが真っ直ぐピン方向へ、バン入。
8番145Y、PAR3 4(2)
 ・アゲインストだが5鉄で引っ掛け、ボギー。
 ・このホールのニアピンは近く、S氏がバーディーで上がるN賞、バーディー賞とも奪取
9番383Y、PAR4 5(2) FW
 ・ここもDRが想像以上に飛び、残135Yアゲていたので自分の力が信用できずに6鉄でG左へオーバー
  腕を信頼して7鉄でよかったはず。
 ・最終ホールでパターのヘッドカバーが無いことに気付く

後半は17PTの46。
最終組終了時には雲行きが怪しくなってきたが、表彰式中に雨が降り出したようで、
ギリギリ雨にあたらずにコンペは終了

ダブルペリアでのコンペの優勝は主催者
 2018コンペ表彰12018コンペ表彰2

とりあえず、コンペは無事に終わり、ホッとする・・・
でもパターのヘッドカバーが気掛かり・・・。見つかれば連絡をもらうことゴルフ場を後にする。
結局、翌日朝に連絡があり、ラウンドした方が見つけたとのこと。
取りに伺って一安心
2018コンペ落とし物

ただ、台風の被害でクラブハウスの屋根が飛んでいるのを改めて目の当たりにした・・・。
2018コンペヘッドカバー回収12018コンペヘッドカバー回収2

【今日のデータ】
パーオン率:5.6% パーセーブ率:22.2% ボギーオン率:77.8% ボギーセーブ率:77.8% 
FWキープ率:42.9% 平均パット数:1.8333 パー数:4

今年第33戦小樽カントリー倶楽部でのラウンド・・・友人からのお誘いで

友人からのお誘いで久しぶりに小樽へ。
疲れていてちょっとどうかなぁ・・・と思っていたら、結果もその通り。
でも、久しぶりの方と会えたり、役員メンバーTさんとご一緒で道具談義にも花が咲いたり、
また、クラブハウスでも友人に会ったりで、ひとときを過ごす
しかし、帰ったらグッタリ・・・
小樽924の1小樽924の2
小樽924の3小樽924の4

Tさんの「武器」。BALDO、PXG、スリクソン、PING、そしてモニター試打クラブ(笑)。
小樽924の5

グリーン周りの刈り込みとラフのきつさに苦しみ、過去の小樽経験を生かせず、37PTの102。
刈り込みの罠に引っ掛かって池に落ちること、数回。
ピンを狙い過ぎ、もっと安全なところを狙わないと・・・(笑)
ただ2番では、池の水切りショットでオンしたり・・・(笑)

シューズはキャロウェイ・ソレイユだったが、全く防水機能が無いことがわかり、
ラフが濡れているところでは靴下まで浸みていた。
これは、冬のタウンユースは不可能だ・・・

皆様、お疲れ様でした

Tさんのスイング。
小樽T氏正面⇚クリックで動画へ  小樽T氏後方⇚クリックで動画へ