今年第47戦樽前カントリークラブでのラウンド・・・今年鴨鍋初戦で最終戦

今シーズン最終戦としてダメ元で予約していた樽前CCは雪の心配は無かったので、ラウンドへ。
4年ぶりの樽前、以前は行っていたんだけどなぁ・・・。
樽前クラブハウス前樽前ロッカー

しかし気温は0~2℃程度。風が無かったのが救い。
「装束」は、ヒートテック、ウールタートル、フリース、カーディガン、ダウンと薄着を重ね着。
防寒準備万端だったので、あまり寒さは感じなかった(顔は別)。
ただ、ダウンを着ると身体が回りづらくなる・・・。
クラブハウス前の大きな池は凍りっ放し

樽前G状況樽前クラブハウス前池

前半は北コース。
当然、グリーンやフェアウェイ、そしてティーグラウンドは凍っている・・・
1番505Y、PAR5 6(2) FW
  ドラコンの安楽プロの動画を見ていて参考にしてやってみようと思ったDRのティーショットを実践してみたら、大成功。
  2打目はいきなりロッディオ4Wの初登場だったが少し引っ掛けて左ラフへ。行ってみると思いの外飛んでいたようだ。
  9鉄で乗らずSWで乗せて2PT、ボギースタート。グリーンに直接落とすのが怖い・・・。
  ちなみに安楽プロのティーショットとは、
  「腰を回す意識ではなく、右に踏み込み、それから左に踏み込んで、途中ではインパクトを意識しない」
  というもの。

2番368Y、PAR4 5(2) FW
  樽前北#2
  DRはFW、6鉄で右ラフ、PWで乗せて3.5mを外して2PT、ボギー。
  樽前山がきれい・・・

3番148Y、PAR3 4(3) B
  ピンは奥だが、6鉄で右前バン入。SWでグリーンに乗せると「コンコンコン」と弾んで4mまで寄ったが惜しくも外す。

4番398Y、PAR4 6(3)
  打ってはいけない右に飛んだが、ラフで止まっており、2UTでこれまた意図より右に出たが、凍ったFWで弾んだらしく、
  花道までPWが変にキックしてあまり寄らず、凍ったグリーンに翻弄されて3PT。

5番366Y、PAR4 8(3)
  身体が回らず、手打ちで引っ掛け左ラフ。左ギリギリを狙ってしまって、木に当たる。今度は下を抜こうとして、
  また木に当たる。乗せるつもりがFW止まりで、5オン3PTのダブルパー
  「最初からFWに安全に出しておけば・・・」を改めて実感。シーズンではこういう冒険はしないようにしよう。

6番503Y、PAR5 (2) FW
  DRはFW右、2UTがFWで跳ねFW左、7鉄で2段グリーンの上の面に乗せ2PT、パー
  北コースでのHDCPが1だが、上手く攻めることが出来た。

7番356Y、PAR4 6(3) FW、B
  FW左から7鉄でG右前バン入、SWで乗せたが3PT

8番154Y、PAR3 5(1)
  樽前北#8
  ショートティーが上手く刺さらないままに、2UTで打ったら、右の斜面に跳ね返されてOB
  プレ4で乗せて、とりあえず1PTのダボ。
  ティーは全ホールで、他人の穴の中で適当なものを探して刺して打った。

9番378Y、PAR4 4(1)
  FW左から2UTでG右ラフ、PWで乗せて2PT、ボギー。
  樽前北9番DR⇚動画へ   樽前北9番Y氏DR⇚動画へ
  樽前北9番家人DR⇚動画へ

前半は20PTの50の大叩き。
フェアウェイもグリーンも凍っているので仕方ないと思いながら、最終戦なので、やはり残念
でも、風があまり無いので、比較的普通に回れる感じで、そのままスルーで後半南コースへ。
40分待ちと掲示されていたが、それが無かったのも幸運
  樽前北→南

後半は南コース
1番471Y、PAR5 7(1) B
  右バンカーの先のアゴに止まり、7鉄で打ったらその先のバンカーへ。また7鉄で出しラフ。
  5鉄でFW右。これは上手く打てたしかしSWでショートしてカラー。外PTで寄せて、1PTのダボ。
  つい凍ったグリーンを考えて直接オンを避けてしまい、ショート気味

2番359Y、PAR4 6(3)
  左ラフから2UT、PWで乗せたが、3PT、ダボ。

3番395Y、PAR4 5(1) FW
  樽前南#4
  ドローでFW真ん中だったが、2オン狙って力んで2UTがゴロ、PWはGを横断して転がり奥のカラー。
  9鉄で1.5mに寄せ、沈めてボギー。

4番131Y、PAR3 (1)
  7鉄が変なキックでG左ラフ、PWで上1mに寄せ、入れてパー
  樽前南4番⇚動画へ   樽前南4番Y氏⇚動画へ
  樽前南4番家人⇚動画へ

5番370Y、PAR4 5(2)
  右ラフだが前に木があり、4Wで左ラフへ。PWで乗せ2PT、ボギー。

6番371Y、PAR4 6(3) FW
  FWから2UTで右ラフ、PWでオンしたが、3PT・・・。

7番337Y、PAR4 5(2) B
  右バンカーに入れて5鉄でラフへ出し、9鉄でピン奥オン、2PTでボギー。
  まだグリーンは凍っており、手前から奥まで横断していく・・・。またフォークが刺さらない・・・

8番164Y、PAR3 (1)
  樽前南8番樽前南#8
  打ち下ろしが大きく距離感が難しい南8番、3UTで打った球はピン左前1.2mにオン
  これを慎重に決めてバーディー
  しかし相当な打ち下ろしだが、ボール痕は少しだけ。だからといって跳ねる訳でもなかった・・・。

9番523Y、PAR5 6(3) FW
  DRはFW右、ロッディオ4Wが非常に良い当たりで、FW、4UTで奥のピン左に3オン。
  しかし欲をかいて連続バーディーを狙って入れにいってしまい、3PTのボギー
  せめてパーを狙っておけば・・・
  (ロッディオ・バフィーいい当たり
  樽前南9番FWロッディオ⇚動画へ
  (↓ 奥のピン左に3オン)
  樽前南#9の3オン
  
後半は17PTの45。やはりPTは多めだったが、何とかまとめた感じ。
初めて使ったロッディオ・バフィーも、コラソンでは「?」という感じもあったのは事実だが、ラウンドでは今回は使えた。
練習とラウンドでこんなに感覚が違う武器も珍しい?
帰りに工房さんでのリシャフト(挿し替え)も考えて、X2HOT4Wも持って来てはいたのだが・・・。
まずは必要無さそうだ・・・。

ラウンド後は待望の鴨鍋
非常に体が温まり、美味だった
樽前鴨鍋1樽前鴨鍋2

さすがに今日が最終戦(鴨鍋は初戦だったが・・・)。
課題も結果もいろいろと思うところがあったので、またオフでの課題として、見直していこう。

スポンサーサイト

今年第46戦苫小牧ゴルフリゾート72アイリスゴルフクラブでのラウンド・・・今シーズン最終ラウンドか?

無理かと思っていたが、天気も気温も穏やかだったので、Y夫妻とアイリスへ。
朝は霧でどうなるかと思ったが、それもなくなり、風も無く、この季節にしては温かく感じた。
Z545を初めて使う初ラウンド。てっきり来シーズンと思っていたが・・・。
SWも少し重めに鉛を貼って、バランスD5に・・・。
1119アイリス11119アイリス2SETTING NOW 2

インからスタート。ボールはタイトリスト・プレステージ。
10番295Y、PAR4 (2) 
 ・DRは左ラフ、9鉄で2オンし、2PTのパー。

11番172Y、PAR3 5(3) 
 ・2UTで前の組を待ち過ぎ、力んでゴロSWで奥のピンを狙うが、ピタッと止まって3PT、ダボ
  PWでピッチエンドランで寄せるべきだった。こんなにSWが止まるとは・・・。

12番400Y、PAR4 5(2) FW
 ・FWから4WでFW、SWで手前2m、惜しくも外してボギー。

13番350Y、PAR4 5(2) FW
 ・FW真中から5鉄を試してみるが、トップSWで6m手前で2PT、ボギー。
  ここでもSWの止まりを忘れていた・・・。
 
14番471Y、PAR5 (1)
 ・DRは右ラフ、2UTも右ラフ、6鉄でG前ラフ、PWで狙ったら入ってバーディー。
  Z545のPWで初めて寄せたアプローチがバーディー

15番139Y、PAR3 4(2) B 
 ・6鉄でG左バンカー、SWで乗せ2PT、ボギー。
  「へそ回転」でその場捻転を意識したが、クラブが上に上がっておらず、どうもスイングがフラットになってしまった感じ。
  ここだけPROV1(2013)を使用。  
  アイリス#15⇚クリックで動画へ   アイリス#15Y夫⇚クリックで動画へ
  アイリス#15家人⇚クリックで動画へ   アイリス#15Y妻⇚クリックで動画へ
   (自分、Y夫、家人、Y妻の順)

16番379Y、PAR4 6(3)
 ・DRは右ギリギリラフ、2UTでFW、PWでオンしたが3PT、素ダボ・・・

17番372Y、PAR4 6(3)
 ・DRは左ギリギリラフ、2UTで右丘の上、PWで手前3.5m、オーバーして3PTの素ダボ。

18番535Y、PAR5 7(2) FW 
 ・FW左から2UTで右ラフ、2UTでFW、9鉄でG左に一度乗ったが転がりラフ、PWで寄せたが2PT、素ダボ

前半は20PTの46。
上がり3ホールの連続ダボは集中力欠如
それでも新アイアン初使用でこのぐらいなら、まあまあか・・・。
2UTは力が抜け、ヘッドの重さを感じ、自分にしては非常に飛んでいた印象

ハーフの待ちも無く、そのままアウトへ。
1番349Y、PAR4 5(2)
 ・DRをダフり左ラフ2UTでFW、SWで下3.5m、2PTのボギー。
  どうもティーを低くし過ぎていたようだ(久しぶりのラウンドで感覚を忘れている?)

2番151Y、PAR3 4(1) 
 ・5UTで右木に当たり戻る。前に枝がありその下を低い球でPWで通すが、Gを少しオーバーしてカラー。
  PTで狙ったが惜しくも外し、ボギー。意外にPWが止まった、という実感・・・。
  アイリス#2⇚クリックで動画へ

3番390Y、PAR4 5(2) FW 
 ・少しダフって、FW、2UTでG前花道、SWで上2m、カップ前で急に曲がり2PT、ボギー

4番476Y、PAR5 7(3)
 ・ドローで左ラフ、2UTがトップ、2UTでまたトップでラフ、PWで左3mオンしたが3PT、ダボ。
  2UTが当たっているので、つい力んでスイングが速くなってしまった・・・

5番348Y、PAR4 (1) FW
 ・DRがハイドローで谷越え、FW左。2UTで右ラフ、SWのロブで1mに寄せ、1PT、パー。
  2オンを狙った2UTが力んで右へ失敗・・・。

6番376Y、PAR4 7(2) OB
 ・右OB、プレ4で5UTをダフる。SWで乗せ2PT、トリプル
  パーを取った後でDRが明らかに力んだ

7番318Y、PAR4 5(1) FW、B
 ・FW左から8鉄がトップしてバンカー、SWは出しただけでカラー、外PTで1mに寄せ、1PTのボギー。
  カップは難しいところに切ってあったが、何とか入れた

8番142Y、PAR3 4(3) 
 ・6鉄で4m前に1オン。左へ行くグリーンを意識し過ぎて3PT、ボギー
  1stPTが突っ込めなかったのが敗因。

9番477Y、PAR5 7(2) OB
 ・DRが速いリズムで谷を越えずOB、でもプレ4のDRは最高の当たりで、
  残り50YをSWでオン、2PTのダボ。

後半は17PTの48。
力んでリズムを崩したのがそのまま結果に出た感じ。
残念だが、脱力したリズムさえしっかり自覚すれば、何とかなりそうな感もある。
それが顕著だったのが2UT。良い面も悪い面もはっきり出た。
ただ、パットがイマイチだった・・・。

今シーズン最後になるかどうか、相当その可能性は高いが、
課題がはっきりしているので、オフシーズンはそれを地道にやるだけ(時間が許せば、だが・・・)

第45戦ハッピーバレーゴルフクラブ札幌でのラウンド・・・極寒・強風に苦しむみながらリタイヤせず(笑)

大雨ハッピーバレーハッピーバレーロッカー

家を出る時から風が強く、嫌な予感。ただ雨は無さそう。
混んでいるのかと思いきや、着いてみると、すぐスタート出来る状態。
さすがに雪の可能性もあったからか、キャンセルも出ていたのかも・・・。
風はだんだん強くなり、また前日から早朝までの雨が予想以上に降ったようで、地面が所々ドロドロにぬかるんでいる状態。

前半は金沢コース。
ティーアップ時点では既に5~6m程度の風が・・・
◆1番343Y PAR4 6(1) FW
   ・寄せのPWで、緩い地面に刺さるのを嫌って「予想通り」トップしてダボスタート。
   
◆2番501Y PAR5 7(2) FW
  ・ここでも4打目のPW、今度は刺さってダフり、またまたダボ。3打目まではマネジメント通りだったのだが・・・。
  
◆3番313Y PAR4 5(2) FW
  金沢#3
  ・SWで3オンしたが惜しくも外し、ボギー
    
◆4番155Y PAR3 4(2)
  ・2UTが右ラフ、SWで乗せて2PT。ここまではずっとアゲインストだったが、かなりキツイ風になってきている。
  
◆5番393Y PAR4 5(2) FW
  ・2打目の2UTがトップ気味だったが、飛んでG右前FW、SWで手前2.5mにつけたが、僅かに外しボギー。

◆6番323Y PAR4 5(2) FW
  ・強烈なアゲインスト、FWから2打目を2UTでG右を狙ったが、風に戻されギリギリ池の右ラフ。
   SWで2.5mに寄せたが惜しくも外しボギー。

◆7番135Y PAR3 5(2) B
  ・アゲの中、5UTがスライス、池を越えたぬかるみラフに埋まる。SWで目の前のバンカーに入れ、
   1発で出したが2PT、ダボ
  ・カジュアルウォーターだが逃げる場所が無かった・・・
    
◆8番508Y PAR5 7(1) FW、B
  ・3打目まではG前FWまでマネジメント通りしかし4打目のバンカー越えを入れてしまう。
   最近これが多い。しっかり振れていないようだ。

◆9番424Y PAR4 7(2) FW、B
  ・2打目まではマネジメント通り、3打目で大きめの4UTで狙ったら右に出てバン入これは想定外。
   バンカーから出したがG奥ラフまで。

前半終了後には相当な風になっていた。
16PTの51。上がり3ホールの崩れが大きい・・・
要所での大切なショットへの集中力が無い。
DRはしっかりFWキープ出来ているので(キープ率100%)、逆にそこだけを注意すれば・・・、という感じだ。
ただ、強風でとにかく
 寒い!

ハーフ待ちも全く無く、後半の伊達山コースへ。
◆1番357Y PAR4 5(2) FW
  ・PWで左上3mに乗せたが、外して2PTのボギー。
   
◆2番471Y PAR5 6(3) FW
  ・非常に強いアゲだが、DRは左ギリFW、前に林があるが2UTでその上をショートカット越え、FWのベストポジションへ。
   PWで下の段に3オンしたが、惜しくも3PT、パーが取れず残念
   理想的に攻めたのだが、微妙なグリーンのアンジュレーションにやられた・・・。

◆3番334Y PAR4 5(3) FW
  ・DRは非常に良い当たりだったが強烈なアゲでかなりボールが押し戻され、バンカー前のFWに止まる。
   3UTで2オンに成功したが、上りが重く奥のピンまで3PT

◆4番351Y PAR4 5(2) FW
  ・G右前ラフからSWで寄せ、2PT、ボギー。   

◆5番144Y PAR3 4(2)
  ・ここも強烈なアゲ。恐らく10m程度の風ではないか。4UTで右ラフ、乗せて2PT。

◆6番527Y PAR5 6(1) 
  ・この辺りではもう風が強過ぎて、前に行けばよいという感じ。DRは右ラフだったが、その後は2UTでFWをキープ、
   4打目で5UTでカラーに乗せ、外PT→1PTで何とかボギーに収める。

◆7番348Y PAR4 5(2)
  ・ここでもFWを外したが、3オン2PTのボギー。
  
◆8番164Y PAR3 5(4) 
  ・奥6mに1オンしたが、強いフォローの中、クラブ選択を誤り、1つ大きい3UTだった。何と4PTして素ダボ
   
◆9番398Y PAR4 5(1)
  伊達山#9
  ・左木に当たり、6鉄で出し、3UTでG前カラー、外PTで上の段に乗せ、1PTのボギー。
   
後半は20PTの46。トータル36PTの97。
この強風とぬかるみの中、後半はよく46で回れたと思う。
後半のFWキープは4/7。
そもそも飛ばないので、狙ったところを繋いでいくゴルフ、という感じが功を奏したか・・・。
3PT2回、4PTも1回あったので、これをもう少しどうにかしていれば・・・。

ただ、実際はあまりの強風による
冷蔵庫の中の寒さ
なので、集中力というもの自体が働かなくなっていたように思う。
ヒートテックなども含め、5枚重ね着していったが、それでも動いていないと厳しい状態。
体感は0℃、雨が降ったら、即、雪になっていただろう。
とにかく、強風に耐えるということは非常に疲れることであり、入浴後はグッタリ・・・

帰宅して調べたが、風はピークで13m前後あったようだ
よく最後までやったもんだ・・・
皆さん、お疲れ様でした
なお今回はあまりの強風と寒さで動画を撮る余裕がなかった・・・



今年第44戦札幌リージェントゴルフ倶楽部新コースでのラウンド・・・寒い中でのラウンド(予約投稿)

リージェントハウスエースのプレステージ
プラス5℃程度の中のラウンド。新旧両コースとも満員で、ハーフ待ちを心配したが、30分程度で上手く流れたようだった。
昨日、かなり失くしたので、1スリーブを購入。やはり気温が下がった時は、プレステージがエースボール(本来はロスト)。

前半はインコース。
10番472Y、PAR5 (1) FW
  リージェント#10
  ・4Wがカート道で跳ねたので、かなり飛距離を稼いだ?
  ・フェアウェイには砂が入っており、上手くボールを捕えられない・・・。
   
11番293Y、PAR4 5(2) FW
  ・ヨネックスSWは自分の距離感より微妙に飛んでしまう?

12番331Y、PAR4 7(3) FW、B
  ・前回ラウンド時はバーディー。今回はSWでダフって目の前のバンカーへかつ3PT

13番164Y、PAR3 4(2)
  ・2UTでG手前、2オン2PT。

14番325Y、PAR4 6(3)
  ・珍しくDRは左ラフ。3オンだがまたまた3PT・・・。
   
15番482Y、PAR5 6(3) FW
  ・FW右から3UTで林の上を越え、5mに3オンしたがまたまた3PT
  
16番359Y、PAR4 7(2) 池
  ・ギリギリラフから2UTでクリーク越えを狙ったが、ギリギリクリークへ。次もSWでクリークを越えただけ・・・
  ・紅葉をバックに・・・スイング
   新コース#16DR⇚クリックで動画へ  新コース#16家人DR⇚クリックで動画へ

17番131Y、PAR3 5(3)    
  ・7鉄で花道に乗せて3PT。今日は3PTだらけ。

18番361Y、PAR4 6(2) B
  ・DRがバン入、3オンしなかったのがミス。

前半は21PTの51。
寒さのせいか、体が動いていないのが分かる感じ。
それにしても、3PTの嵐(4回)。
これではスコアにならない・・・。

途中30分程度のハーフ待ちで、後半アウトへ。
1番472Y、PAR5 8(2)
  ・前回と同じで、GそばからSWがトップして奥のバンカーへ。脱出に2回を費やし、6オン2PT。
  ・下が砂なので、SWでなく転がしPWが正解だった・・・

2番348Y、PAR4 5(2) FW
  新コース#2DR⇚クリックで動画へ

3番128Y、PAR3 4(2)  
  ・7鉄で花道、2オン2PT。

4番339Y、PAR4 5(2) FW  
  ・FW右を狙ったが、ヒールでセンター。何とかボギー。  

5番517Y、PAR5 6(2) B
  ・3打目の2UTが狙いより右に出てバン入 
  新コース#5の2UT⇚クリックで動画へ  新コース#5バンカー⇚クリックで動画へ

6番348Y、PAR4 5(3)
  ・2打目を4UTで2オンしかし3PT・・・
  
7番383Y、PAR4 6(2)
  ・2打目2UTで右バンカー前からSWで乗せられなかったのが敗因。
   
8番180Y、PAR3 (2)
  ・2UTでG右奥10mオンだったが、50cmに寄せパー。
  ・やっと振れるようになってきたが、時既に遅し
  
9番383Y、PAR4 (2) FW
  ・2打目5UTを使って3mのバーディーチャンス。惜しくも届かず、パー。

後半は19PTの46。トータル40PTの97。
やっと体が温まって動き出したら、まともにスコアが出せそうな感じで終了(泣)

パーオン、ボギーオンは上がっているが、パットが酷く、パーセーブ、ボギーセーブしていないのが如実に表れている。

【今日のデータ】
パーオン率:22.2% パーセーブ率:16.7% ボギーオン率:72.2% ボギーセーブ率:61.1% 
FWキープ率:50.0% 平均パット数:2.2222 パー数:3

今年第43戦マオイゴルフリゾート(ワッカ→ペケレ)でのラウンド・・・急遽ゴルフ場変更で武器お試し

当初予定していたゴルフ場が雪でクローズで、急遽マオイに変更。
コンペも入って満員だったが、何とかその隙間を回った、といった感じ。
気温も10℃を切っており、ボールも飛ばない・・・。
マオイクラブハウスマオイコース案内

前半はワッカコース。
DRが好調で、6回FWキープ。なおかつ、この時期の自分にしては飛んでいる。
リシャフト効果とボール効果(プレステージ)か?・・・
気温が高いときよりも飛んでいるような感じで方向性も良い実感・・・変だ
しかし、池にも2回、バンカーにも2回入れて、18PTの52と不冴
ワッカ#1ワッカ#2から樽前山を望む

風が無く、水面に紅葉が映って「逆さ紅葉」が・・・また、遠くには冠雪が・・・。
ワッカ#3から紅葉ペケレ#1から雪山

後半は1時間のハーフ休憩の後、ペケレコース。
引き続きDRは好調で、6回FWをキープ。
だが、前半もそうだったが、キックが悪かったり、ラフの芝の狭間に挟まったり、と、不運も続き、
15PTの49とスコアは不冴。
さすがに、予定されている明日でリベンジを誓う・・・

初めて使ったYONEX「EZONE N1-W(56度)」と、ROMARO「RAY V UT(27度)」。
RAY V UTは1度だけ使ったが、ややすっぽ抜けた。でも、使えそうな感じ。
EZONE N1-W(56度)は3Dソールの抜けが抜群。久しぶりにロブで1mに止めた。
ソールがそもそも滑るので、バンカーもあまりフェイスを開かずに打ったほうが良さそうな感じ。
微妙にヘッドが軽いかも・・・鉛調整かな。
RAY V 27度の2ヨネックスSW3

ラウンドでの動画集。
マオイDR1⇚クリックで動画へ  マオイ家人DR1⇚クリックで動画へ
マオイワッカ#7⇚クリックで動画へ  マオイワッカ家人#7⇚クリックで動画へ
マオイワッカ家人#8⇚クリックで動画へ

ペケレの#6ショートでは、水切りショットを「披露」(笑)5回くらい跳ねたか・・・最後は池に落ちる
マオイペケレ#6⇚クリックで動画へ

今年第42戦札幌リージェントゴルフ倶楽部新コースでのラウンド・・・寒い中、職場コンペ(予約投稿)

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

コンペ2気温9℃

昨日に続き連チャンだが、職場のコンペで札幌リージェントゴルフ倶楽部新コースでラウンド。
気温は低く、ずっと10℃を下回るくらい
といっても幹事なので、まずは早く行って、諸準備に追われる。
予約はアウトスタートだったがカートに乗るとインスタートだったり、違うバッグが積まれたり、お決まりの小さな混乱はあったが、
無事にスタート。
自分は幹事なので、数球パットで転がしただけで、すぐにスタート。
よく考えると、よく来ていた新コース、今年は初めて
コンペスタート前1コンペスタート前2

前半はインコース。
始球式の後、第1組でスタート。
10番472Y、PAR5 (1)
  新コース10番
  DR(FW真ん中)➡4W(FW左)➡3UT(G右前ラフ)➡SW(1.5mオン)➡1PT
   ・ボールは、気温が低いので柔らかいボールが、と思い、前日の御前水で使ったツアーステージV10を使用。
   
11番293Y、PAR4 5(2) FW
  DR(FW右)➡4UT(G右ラフ)➡PW(Gオン)➡2PT
   ・2打目はラフとGの境目でPWが打ち辛く、上手く寄せられず、2PTの距離となった。

12番331Y、PAR4 (1)
  DR(FW真ん中)➡6鉄(ピンハイ右2mオン)➡1PT
   ・「きれいに」バーディー奪取
   ・2打目の6鉄は、力みが全く無く振れた感覚だった。

13番164Y、PAR3 4(2)
  2UT(G前)➡9鉄(オン)➡2PT
   ・9鉄寄せがやや強過ぎた

14番325Y、PAR4 5(2) FW
  DR(FW左)➡2UT(G前)➡9鉄(3m手前オン)➡2PT
   ・9鉄の寄せが突っ込み不足
   ・ここからタイトリスト「プレステージ」を使用。バネのような打感であまり好みではないが、飛んでいる???

15番482Y、PAR5 (1) FW
  DR(FW真ん中)➡4W(FW)➡PW(G右カラー)➡PW(1mオン)➡1PT
   ・3打目のPWの狙いがやや狂い、3オンしなかったが、何とかパー。
  
16番359Y、PAR4 6(2) FW
  DR(FW右)➡2UT(ダフってクリーク右越え)➡SW(G前ラフ)➡PW(ピンに当たる)➡2PT
   ・急に雨が降り出す。
   ・2UTはダフったのでクリークに入ったと思ったが、越えていた(雨で見えなかった)

17番131Y、PAR3 5(3)    
  8鉄(左カラー)➡PT(1.5mオン)➡3PT
   ・外PTで1.5mに寄せたが、何と3PT
   ・ケ・イ・ソ・ツ

18番361Y、PAR4 (1) FW
  DR(FW右)➡3UT(G前)➡PW(1.5mオン)➡1PT
   ・PWで上手く寄せ、1PT、パー

前半は15PTの42。
プレステージにしてから、ボールが飛んでいる感じ。気温のせいか???
打感はゼクシオ・エアロドライブに似た「ボヨーン」といったバネのような感じ。
17番は安易でもったいなかった

途中休憩は無く、後半アウトへ。
1番472Y、PAR5 7(1)
  DR(左Rフ)➡2UT(FW)➡2UT(FW)➡SW(トップしてG奥バンカー)➡SW(出ず)➡SW(OKに寄せる)➡1PT
   ・4打目トップは痛い。スイングが速くなる・・・
   ・バンカー2発目は入りそうになった

2番348Y、PAR4 7(2)
  DR(左木に当たりラフ)➡3UT(右ギリラフ)➡8鉄(G左前)➡PW(乗らず)➡PW(寄せてオン)➡2PT
   ・このトリプルは痛い。冷静な処理が出来なかった・・・

3番128Y、PAR3 4(2)  
  7鉄(G左カラー)➡PW(2mオン)➡2PT
   ・寄せの突っ込み不足。

4番339Y、PAR4 5(2) FW  
  DR(FW右)➡3UT(G前ラフ)➡PW(下2mオン)➡2PT
   ・2打目は前に木があって狙えず、打ったが木に当たる。  

5番517Y、PAR5 7(2) FW
  DR(FW真ん中、今日イチ)➡4W(右ラフ)➡2UT(右ラフ)➡SW(ロブがGオーバー、カラー)➡PT➡2PT
   ・2打目の4Wはターゲットフラッグに当たり、先に抜けて右ラフへ。ちょっとついていない・・・ 
   ・絶好のロブチャンスだったが、最近SWのロブが不調

6番348Y、PAR4 5(2) FW
  DR(FW真ん中)➡8鉄(ダフってG左前)➡PW(Gオン)➡2PT
   ・2打目は2オン狙い過ぎで力んだ

7番383Y、PAR4 5(2) FW
  DR(FW真ん中)➡2UT(力んでダフる)➡SW(下4mオン)➡2PT
   ・ここでも2オンを狙い過ぎて力む12番の2オン時の脱力感を忘れている・・・

8番180Y、PAR3 4(2)
  2UT(ピンハイ右ギリラフ)➡PW(Gオン)➡PW(1mオン)➡2PT
   ・PWの寄せは後ろの伸びたラフが邪魔で、乗せただけ。
  
9番383Y、PAR4 5(2)
  DR(右ギリラフ)➡1UT(G前花道)➡PW(Gオン)➡2PT
   ・つい力が入り、FWキープ出来ず。

後半は17PTの49。トータル32PTの91。
後半は1つもパー無し。やはり出だしの2ホール(ダボ、トリ)が痛い・・・
シーズン終盤、来シーズンを見てのスイング見直しが必要・・・。

終了後は表彰式。
優勝者は何と『2アンダー』、一人別世界のシングルさんだった。
コンペ優勝者コンペ表彰式1

無事終了して、現地解散。
終わる頃も気温は9℃。
寒い1日だった・・・

【今日のデータ】
パーオン率:5.6% パーセーブ率:22.2% ボギーオン率:77.8% ボギーセーブ率:72.2% 
FWキープ率:71.4% 平均パット数:1.7778 バーディー数:1 パー数:3

今年第41戦アイランドゴルフリゾート御前水でのラウンド・・・「TN決戦」今年最終戦

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

御前水ハウス
T氏、N氏の宿命の対決「TN決戦」の今年最終戦。
天気も1週前には雨予報だったが、直前で曇り時々晴れの予報に
また、A氏ご夫妻の来札もあり、合同ラウンドと相成った
しかし、T氏は前日に財布紛失、依然行方がわからない状況で、気持ちが晴れない中での参加。

インからのスタート。
10番543Y、PAR5 7(2)
  ・「TN決戦」は、N氏がいきなり3オン1PTのバーディースタート。一方のT氏はボギー。
 
11番404Y、PAR4 5(2) FW
  ・N氏がダボって差が縮まるが、まだまだ始まったばかり。お互いの舌戦が激しい(笑)

12番150Y、PAR3 4(2)
 3人が1オンだが、自分だけボギー。
  ・「TN決戦」のパットの集中が尋常ではない雰囲気。ピリピリしている・・・
  御前水12番T氏⇚クリックで動画へ   御前水12番N氏⇚クリックで動画へ

13番350Y、PAR4 7(2) 池
 いきなり池に入れてしまう。どうもDRの調子が出ない・・・。
  ・「TN決戦」はT氏が5mのパーパットを放り込み、追いつく。

14番344Y、PAR4 (1) FW、B
 左FWキープしたが、前が木でGは狙えず避けたがG左バン入。しかし砂イチでパー
  ・T氏がややトラブり、ダボだが、N氏がパー。

15番144Y、PAR3 4(2) B
 名物ホールの打ち下ろしショート。8鉄でバン入も2PTでボギー。
  ・T氏は痛恨のクリーク
  (A氏とTJ氏のティーショット)
  御前水15番A氏⇚クリックで動画へ   御前水15番TJ氏⇚クリックで動画へ

16番338Y、PAR4 5(2) FW
  ・T氏が強気のパットでパー奪取、N氏はボギー。

17番402Y、PAR4 5(2) FW
  ・T氏は得意の距離のパーパットをまた沈め、連続パー。N氏ボギーで差が縮まる・・・。
   御前水17番T氏⇚クリックで動画へ  御前水17番N氏⇚クリックで動画へ

18番479Y、PAR5 8(2) B
  ・ティーグラウンドでT氏の携帯が鳴り、何と財布が見つかったとの連絡が入る思わず皆でグータッチ!
   それも空港にあるそうなので、帰りには手元に戻る・・・
   一気にT氏のもやもやは晴れ、ナイスショットだったが、僅かにバン入。しかしここから池越えのFW真ん中への
   スーパーショットが炸裂3オンしてパー奪取で3連続パー。やはりゴルフはメンタル???
   しかしN氏も負けじとパー奪取で、前半は2打差でN氏がリード。
   「TN決戦」は今回はハイレベルな争い(失礼!)

前半は17PTの49。自分はボロボロだが、「TN決戦」の真剣な空気が伝わり、この後の後半が楽しみ。

ここでハーフ休みが入る。そんなシーズン終盤の季節になったのか・・・
ところがハーフ休憩中は突然の土砂降り
しかし「お財布談義」や「ゴルフ談義」に花が咲いているうちに、後半スタート時には雨が止んで、
青空に・・・
ただその後は予報通りに風が強くなり出し、7m程度の風の中の後半となった。

1番385Y、PAR4 5(2)
  ・N氏がいきなりトリプルで後半の幕が開き、ここで一気にT氏がN氏に追いついた・・・。

2番176Y、PAR3 4(2)
 2UTでG前、2PTボギー。
  ・「TN決戦」はT氏がダボ、しかしN氏が何とダブルパーT氏がN氏を抜き去る・・・

3番361Y、PAR4 6(2) FW、B
  ・T氏はここでパーパットを強気で入れ、パーとし、差を広げる。

4番365Y、PAR4 7(2) FW、B
 自分はやっとFWをキープしだしたが、詰めが甘くトリプル
 
5番553Y、PAR5 6(2)
  ・自分はボギーだったが、「TN決戦」はパット感覚が妙な感じでダボ。特にT氏が微妙に「?」な感じに見えた。  

6番327Y、PAR4 5(1) FW、B
 FWをキープしたが、3打目でバン入、4打目で乗せて1PTのボギー。
  ・「TN」は二人ともバン入だったが、N氏がボギーで反撃の狼煙を上げる
  
7番196Y、PAR3 4(2)
 1UTで花道、突っ込み不足で2PTのボギー。「TN」もボギーで状況は膠着。
   御前水7番A氏⇚クリックで動画へ御前水7番A夫人⇚クリックで動画へ
   御前水7番TJ氏⇚クリックで動画へ
   御前水7番T氏⇚クリックで動画へ御前水7番N氏⇚クリックで動画へ

8番520Y、PAR5 6(1) FW
 DRはFW、4WもFW、ただ2UTがやや引っ掛かり、G左前ラフ、ライが悪くG前に出すだけで、5オン1PTのボギー。
  ・ここもみんなボギーで、最終ホールを迎える。

9番395Y、PAR4 6(2) FW
 DRはやっと最終ホールで「今日イチ」、2UTでG前だが、SWがトップしてG奥ラフへ。結局4オン2PT。
   ・「TN決戦」は、ここまでで3打差でT氏がリード。このまま逃げ切ると思われた。
    しかし、そう簡単に終わらないのが「TN決戦」。これまで何度となく逆転劇もあった。
    ティーショットをUTで打ちギリギリFWをキープしたが、その後、ショートやトップなどがあり、何と終わってみたら、
    1打差でギリギリ逃げ切って、やっと「TN決戦」は決着を迎えた
    これだけやって、途中、逆転の逆転などがあるが、結局は1打差・・・
    またこれからもこういった戦いが繰り返されるのだろう
 
後半は16PTの49。合計33PTの98と不冴えなラウンドとなってしまった。
特にDRで球を掴まえられず、後半の後半からやっとペースをつかみ出した感じだった。

A氏ご夫妻も、A氏の肘痛があり、決して万全ではなかったものの、北海道のゴルフを堪能されたのではないか、と思う。
ちなみに、帰路に空港に寄って、T氏の財布が手元に戻ったのは言うまでもない・・・