今年第5戦アイランドゴルフリゾート御前水でのラウンド・・・TN決戦始まる!

昨年も死闘が続けられた「TN決戦」。今年の初戦の火ぶたが切られた。
見届け人はY氏と自分。場所はアイランドゴルフリゾート御前水。
しかし天気予報では、朝方はみぞれの予報も・・・
家を出る時は強めの雨が降り出していたが・・・

決戦前2御前水決戦前1御前水

ゴルフ場に到着すると、小雨は降っており、気温は4℃程度ではあったが、風が無く、完全防寒だったので、
体感はあまり寒さを感じなかった。とは言いながらも、気温はずっと上がらず、雨も降ったり止んだり・・・
そんな緊張感がある中、決戦の火ぶたが切られた。
スタートはアウトから。ボールはJOKERだけを使用。
1番385Y、PAR4 5(1) 
 ・DRはすぐ右の林へ、5鉄で木の間を通しFW、4WでFW、PWでピン上2m、これを入れてボギー。
  ティーショットでどうなるかと思ったが、諦めずにつないで何とかボギーで収める。
 ・T氏N氏は右の林で苦戦し、トリプルスタートただ既に舌戦もスタート。
御前水1番Y氏⇚クリックで動画へ   御前水1番T氏⇚クリックで動画へ
御前水1番N氏⇚クリックで動画へ  

2番176Y、PAR3 4(2)
 ・2UTをダフってG前左ラフ、SWで寄せたが、2PTボギー。
  T氏は左、N氏は池と苦戦・・・

3番361Y、PAR4 6(2) FW
 ・DRはFW、2UTで花道、PWでGオーバー、9鉄で乗せて2PT、素ダボ。
 ・TN氏は右を歩み、N氏はPTに苦しみ、差が出る。

4番365Y、PAR4 5(2) FW
 ・DRはFW右、2UTで花道右ラフ、SWで乗せ2PT、ボギー。
 ・N氏は左へ行ったが、その後無難にボギー。しかしT氏は右斜面からOBもあり、N氏が1打逆転。
  昨年同様、シーゾーゲームの展開か・・・。
 
5番553Y、PAR5 6(2) FW
 ・DRはFW右、4WでFW、4WでFW、PWで上5m、2PTのボギー。もう少し寄せたかった・・・。
 ・ここは今度はN氏が苦戦し、T氏が1打リード。
御前水5番Y氏⇚クリックで動画へ   御前水5番T氏⇚クリックで動画へ
御前水5番N氏⇚クリックで動画へ

6番327Y、PAR4 (2) FW
 ・DRはFW真ん中、6鉄で2オンし、2PTのパー
 ・N氏はここも苦戦、G周りのバンカーからGオーバーしたが木に当たって戻る。
 ・T氏はマーカーを危うく戻し忘れそうになったが、気付いてセーフここで差が広がる。 

7番196Y、PAR3 4(2)
 ・2UTでトップ気味で花道右、SWで下4mに寄せたが2PTのボギー。
 ・N氏が苦戦し、差が拡大。

8番520Y、PAR5 7(3)
 ・DRが左ラフ、4Wで林の中、5鉄で木の間を通しFWに戻し、PWで左下5.5mにオン、
  しかしGのアンジュレーションに負け3PT。
 ・TN両氏ともDRはナイスドライブしかしT氏はパーもN氏がダボで9打差となる。

9番395Y、PAR4 6(2)
 ・DRは右ラフ、2UTダフリ、次の2UTで花道、SWで左2.5mにつけたが2PT。
 ・N氏はいい当たりのDRでショートカットしたが、お互い同じスコアであがり、前半は9打差でT氏リード。

前半は18PTの47。6ホールはボギーペースだったが、上がり3ホールでダボが2つ
TN決戦は9打差ついていたが、今までを考えると、まだまだ大逆転もあり得る。

後半はそのままスルーでインコースへ。
2週前は混んでいて1時間の休憩があったが、今日は天気が悪いのがわかっていたせいか、やや空いていたようだ。

10番543Y、PAR5 7(2) 
 ・DRが右の木に当たりこのロスが響き、5オン2PTのダボ。
 ・T氏は差が開いて余裕が出たのか、DRはFWど真ん中でパー
 
11番404Y、PAR4 5(1) FW
 ・DRはFW左、、2UTでFW右、9鉄で乗らずにカラー、9鉄で1.5mに寄せ、入れてボギー。
 ・T氏はここをダボとし、1打、差が縮まる。

12番150Y、PAR3 5(1) 池
 ・3UTが捕まり過ぎてG左の池まで飛んでしまった。SWでGまでと思ったら、スプリンクラーの穴にはまって止まる。
  PWで乗せて1PT、ダボ。4UTで良かったかも・・・。
 ・TN両氏はパーで差は縮まらず・

13番350Y、PAR4 5(2) FW
 ・DRはFW、2UTで花道、SWで下1.5m惜しくも外し2PTのボギー。
 ・T氏はDRを持たず得意のUT、でも少し焦り気味で2オン3PT、一方のN氏はパー。
 
14番344Y、PAR4 (1)
 ・DRはギリギリ左ラフ、5鉄でFW、PWで左前3m、これを沈めてパー
 ・N氏はFWの無い右側ルートでパーだったが、T氏はアドレナリンが出てGオーバーのダボ。
  残り4ホールで6打差までに縮まる。ヒタヒタとN氏の足音が・・・

15番144Y、PAR3 (1) B
 ・7鉄でG前バンカーへ。SWでピン手前1.5mへ出し、これを入れてパーこのバンカーショットは上手く打てた。
 ・T氏一人だけボギーで、差は5打差。

16番338Y、PAR4 5(1) FW
 ・DRはFW真ん中、4UTが右に吹け木に当たる。PWで木の間を上手く抜き、花道、PWで寄せて1PT。
 ・T氏は得意のUTだったが左にひっかけ気味でOB近くも何とかダボで収めたが、N氏もカジュアルウォーターで打てるところを
  そのまま打って上手くいかず、お付き合いのダボ。

17番402Y、PAR4 6(2) FW
 ・DRはFW右、2UTでFWにせり出している池を避け左ラフへ。PWでG前、PWで乗せ27PT、ダボ。
 ・T氏はボギーで踏ん張ったが、N氏が叩いてしまい、差が8打となり、万事休す・・・。

18番479Y、PAR5 7(2) FW
 ・DRはFW真中、2UTをダフり右ラフ、2UTでFW、PWで花道、PWで乗せて2PT、ダボ。
 ・T氏は負けのプレッシャーが無くなり、安全確実なUTのティーショットも飛んでナイスショット、N氏も食い下がったが、
  お互いにボギーで、差は縮まらず、ついに終戦・・・

後半は13PTの47。トータル31PTの94。寄せは好調で、特にSWはゆっくり振れば確実に寄る自信が増えた。
ボギーペースを守れそうな、そうでもなさそうな、というラウンドだったが、この天候から、このスコアはまあまあか・・・。
「脇締め」はアイアンは問題無し。4Wは多少は打ち方が身に付いてきた感覚。
ただ、UTがどうしても「肘締め」になりがち。
もっと思いっきり振り切れれば、ダフリも無くなって、スコア向上が見込める。

【今日のデータ】
パーオン率:5.6% パーセーブ率:16.7% ボギーオン率:50.0% ボギーセーブ率:61.1% 
FWキープ率:64.3% 平均パット数:1.7222 パー数:3
スポンサーサイト

今年第4戦シェイクスピアカントリークラブでのラウンド・・・微妙に消化不良

今日の目標はボギーペースでじっくり我慢すること。
シェイクスピア1
シェイクスピア2シェイクスピア3

ジュリエット(イン)からスタート。
10番368Y、PAR4 5(3) FW
  ・DR(FW真中)➡6鉄(8m下2オン)➡3PT
  ・1stPTをダフる

11番447Y、PAR5 6(1) FW
  ・DR(FW真中)➡5鉄(ダフりFW)➡PW(池前に刻む)➡7鉄(G前壁斜面)➡PW(1m上)➡1PT
  ・2打目はしっかりコースの構造を見て、4UTでFWを狙えば良かった・・・

12番100y、PAR3 4(3)
  ・9鉄(上6mオン)➡3PT
  ・今までに無いティーから打つ。上からの速さを意識し過ぎた

13番378y、PAR4 6(2)
  ・DR(池越え天ぷら)➡2UT(FW)➡8鉄(G前)➡9鉄(転がし2m)➡2PT
  ・DRが力む。
   (家人DR)
   シェイクスピア家人DR1⇚クリックで動画へ

14番331Y、PAR4 (1) FW
  ・DR(FW真中)➡6鉄(G直前ラフ)➡9鉄(50cm)➡1PT

15番487Y、PAR5 8(2) FW
  ・DR(FW左)➡4W(FW)➡4W(G右斜面ラフ)➡SW(トップ、G越えラフ)➡PW(ラフ、G乗らず)
   ➡PW(2m下)➡2PT
  ・3打目で距離を稼ごうとしたのが失敗

16番142Y、PAR3 (1)
シェイクスピア16番
  ・8鉄(G左ラフ)➡PW(1m)➡1PT
  ・G左バンカー直前で止まる。

17番420Y、PAR4 5(2) FW
 高く、見晴らしが良い。
シェイクスピア石狩湾を望む
  ・DR(FW)➡4W(ダフる)➡PW(5m前)➡2PT
   (家人DR)
   シェイクスピア17番家人DR⇚クリックで動画へ

18番372Y、PAR4 6(3)
  ・DR(左ギリギリラフ)➡2UT(ダフる)➡7鉄(上8m)➡3PT
  ・上8mに乗せてはダメアンジュレーションにやられる。

前半は18PTの47。
またまた消化不良のハーフ。
10番の1stPTでダフったのはショック。2オンしてパーは取れると思ったのが

シェイクスピア1番後ろ

後半はロミオ(アウト)
1番377Y、PAR4 5(2)
シェイクスピア1番
  ・DR(右ラフ丘の上)➡6鉄(FWへ刻む)➡PW(下3.5m)➡2PT(惜しい

2番313Y、PAR4 5(2) FW
  ・DR(FW)➡3UT(花道)➡SW(二段Gの斜面)➡2PT
   シェイクスピア2番DR⇚クリックで動画へ

3番110Y、PAR3 4(1) B
  ・PW(G前バンカー)➡SW(Gオーバーラフ)➡SW(下2m)➡1PT
  ・9鉄を持っていたつもりだったが・・・PWだった
  ・よく1PTでボギーに収めた

4番312Y、PAR4 5(2) FW
  ・DR(下の段のFW)➡7鉄(G前ギリラフ)➡PW(4.5m下)➡2PT
  ・PWの突っ込み甘い・・・
  シェイクスピア4番DR⇚クリックで動画へ   シェイクスピア4番家人DR⇚クリックで動画へ

5番541Y、PAR5 6(2)
  ・DR(左引っ掛け)➡2UT(FW)➡2UT(G直前ラフ)➡SW(下2.5m)➡2PT
  ・1stPT惜しい

6番364Y、PAR4 6(3) FW
  ・DR(FW真中)➡2UT(ダフる)➡PW(上5m)➡3PT
  ・Gは想像以上に上からが速かった・・・[emoji:v-406
  (家人DR)
   シェイクスピア6番家人DR⇚クリックで動画へ

7番152Y、PAR3 (1)
  ・4UT(トップ、G前)➡PW(1m)➡1PT
  ・アゲインストで4UTで打ったがトップ、情けない・・・

8番349Y、PAR4 6(2) FW
  ・DR(FW真中)➡2UT(G右前ラフ)➡SW(G横ラフ)➡9鉄(1.5m)➡2PT
  ・せっかく1.5mに寄せたのに、入れられず
   シェイクスピア8番DR⇚クリックで動画へ

9番486Y、PAR5 6(3) FW
  ・DR(FW真中)➡2UT(FW真中)➡PW(ピン5m下オン)➡3PT
  ・せっかく3オンしたが、上りの傾斜に負け3PT

後半は18PTの46。トータル36PTの93。またか・・・。
ただ今回はパットがショートするケース、一筋違うケース、舐められるケースが多く、いつもより多かった。

また今回は4Wはキャロウェイ・スチールヘッドプラスを入れ、使った。
ここは短めなので、使う機会が少なかった。
3回のうち、1回はトップしたが、あとは普通に・・・。
ロッディオの4Wがもっと馴染めば、相当な武器になるはずなのだが・・・。

【今日のデータ】
パーオン率:16.7% パーセーブ率:16.7% ボギーオン率:72.2% ボギーセーブ率:72.2% 
FWキープ率:71.4% 平均パット数:2.0000 パー数:3

今年第3戦アイランドゴルフリゾート御前水でのラウンド・・・強風の中、何とか回り切る

御前水1
家人が友人と利用していた月1回火曜日¥2,980(食事付)の企画が今年は無くなったので、初めて家人と御前水へ。
札幌は20mを超える強風が吹いたようだが、ここも時折10mの風も・・・。
雨は降らなかったが、これで雨だったら・・・。
完全防寒装備だったので、まだよかったが、相当体感温度は低かった。
御前水バッグ

前半はインコース。
ボールはプレステージ。前回と違い、柔らかく感じる。
10番543Y、PAR5 6(2)
 御前水10番
 ・DR(右ラフ)、4W(FW)、4W(FW)、8鉄(左前5m)で2PT、ボギー。
 ・4Wはコンパクトなスイングを意識して、しっかり打てた。
 
11番404Y、PAR4 5(2) FW
 ・DR(FW真ん中)、2UT(花道)、SW(下6m)で2PT、ボギー。
 ・SWは抜け過ぎて、ショート気味傾向。

12番150Y、PAR3 4(2) 
 ・強いアゲ。3UTでG右ラフ、PWで2mカップオーバー、2PTのボギー。

13番350Y、PAR4 5(2) FW
 ・強いアゲ。DR(FW真ん中)、2UT(右雪)、SWロブ(右2.5m)で2PTのボギー。
 ・1stPTは惜しかった。

14番344Y、PAR4 5(2) FW
 ・強いアゲ。DR(FWやや左)、5鉄(FW)、PW(G奥7mオン)で2PTのボギー。
 ・1stPTはカップ縁、残念。

15番144Y、PAR3 4(2)
 御前水15番
 ・強いアゲ。3UTでG右カラー。9鉄で1.5mに寄せたが、クルリンで2PTボギー。

16番338Y、PAR4 5(2) FW
 ・DR(FW右)、3UT(右ラフ)、SW(下5m)で2PTのボギー。

17番402Y、PAR4 5(1) FW、池
 ・DR(FW真ん中)、2UT(コロンと池)、SW(下2.5m)で1PTでボギー。
 ・2打目はいいところ、と思ったが、僅かに右にコロンと池へ。

18番479Y、PAR5 (1) FW
 ・DR(ギリ右ラフ)、2UT(FW)、6鉄(カラー)、外PTで2m、これを入れてパー

前半は16PTの44。
今回は4Wがしっかり打てた。コンパクトなトップを意識するとダウンとフォローだけで飛んでいく。
SWはもう少しロフトを立たせないと抜け過ぎて止まってしまう。

ハーフ待ち1時間待ちで、昼食付きセットの昼食を。
メンチカツ定食が絶品
お腹いっぱいで後半アウトへ。風が強くなって寒い・・・
御前水昼付き御前水モニュメント

1番385Y、PAR4 6(2) FW、B
 ・DR(FW左)、4W(左ラフ)、PW(バンカー)、SW(4.5mオン)、2PTのダボ
 ・3打目はPWで変な手加減をしてG左前のバンカーへ。SWでしっかり打てばよかった。

2番176Y、PAR3 4(2)
 ・2UTでG右エッジ、9鉄で2mに寄せたが2PTボギー

3番361Y、PAR4 8(2)
 ・DR(頭を叩きゴロ)、2UT(FW)、2UT(トップして花道)、SW(レーキで止まりG前)、SW(ゴロでGオーバー)、
  外PTで乗せ2PT。
 ・突然DRが乱れ、寄せも焦って大叩き

4番365Y、PAR4 5(1) FW
 ・DR(FW)、2UT(花道)、SW(カラー)、外PTでOKに寄せる。
 ・ここからレガシー・プラチナムへ。
 
5番553Y、PAR5 7(1) B
 ・DR(右ラフ)、4W(FW右)、4W(ゴロ)、4W(G前バンカー)、SW(カラー)、外PTから1PT
 ・4打目の4Wは思った以上に正確に、飛距離も出た。
 ・バンカーからのSWも上手くバウンスを使えて出せた。

6番327Y、PAR4 (1) FW
 ・DR(FW真ん中)、3UT(G左前カラー)、9鉄(50cm)で1PT、パー。
 ・ここからJOKERに替える。打感は芯があって気持ちが良い。飛んでいる。
 御前水6番0408⇚クリックで動画へ   御前水家人6番⇚クリックで動画へ

7番196Y、PAR3 4(1)
 ・アゲていたので、DRでG右前ラフ。SWでカラー、外PTで寄せ、1PT。
 
8番520Y、PAR5 6(2) FW
 ・DR(FW右)、4W(木に当たりFW)、4W(ダフリFW)、PW(下8mオン)で2PT、ボギー。
 ・DRは旗のそばまで飛んでいた。2打目の4Wも想像以上に飛んで上がって木に当たる

9番395Y、PAR4 5(2) B
 ・DR(左バンカー)、5鉄(FW)、6鉄(左5mオン)で2PTのボギー。
  
後半は14PTの49。
3番の突然のDRの乱れからのダブルパーが痛い
トータル30PTの93。
この強風の中なら、まあまあだろう。
前半のようにFWをキープしてボギーでしのぎ、パーチャンスが来るのを待つことが出来れば・・・。

4Wの当たる感覚が少しずつ身に付いてきた感じがある。
そして当たりさえすれば、思っている以上に飛んでいる。
DRはほんの少しティーを高くすると確実にハイドローが・・・。
そしてJOKERの、あの芯を打ち抜いた打感が気持ちが良い。
柔らかいプレステージやレガシー・プラチナムも良いが、芯を打ち抜く感は捨て難い。
少し硬めがよいのだろうか・・・。

【今日のデータ】
パーオン率:0.0% パーセーブ率:11.1% ボギーオン率:66.7% ボギーセーブ率:83.3% 
FWキープ率:64.3% 平均パット数:1.6667 パー数:2

今年第2戦サンパーク札幌ゴルフコースでのラウンド・・・意外に雪が多かった

前週の北海道GCは降雪でクローズ。
今回は1年半ぶりのサンパーク札幌ゴルフコース。
数日前の降雪が心配だったが、クローズにはならなかった。気温は5℃程度。
ただ、コースの周りはまだまだ雪。融雪剤でやっとFWを融かした感じだ。
ラフは泥が固まった感じで、でも踏みつけると水が浸みだす。
フェアウェイも前半はラフに近い感じのところもあった。
上手くボールにコンタクト出来ないと、「グチャ」となる・・・。
グリーンはエアレーションの穴が残ったまま。
今回は「歩くたすけ」を初めて使用。
サンパーク周りサンパーク歩くたすけ

コースの案内は非常に分かり易く参考になった。
サンパーク案内

スタートは西コース。
ボールはレガシー・プラチナムとJOKERを使ったが、途中からレガシー・プラチナム中心に。


1番379Y、PAR4 6(2) FW
サンパーク西1番
 ・ダフったが何とかFWキープ。3打目のSWが「グチャ」でショート。ただゆっくり振ったので、トップはしなかった。
  4オン2PTで素ダボスタート
2番477Y、PAR5 (1) FW
 ・DR(FW)、4W(トップ)、3UT、PWで3mにオン、1PTでパー

3番164Y、PAR3 4(2)
 ・2UTでG右前ラフ、PWで下2.5m、エアレーションで弾み惜しくもボギー。

4番365Y、PAR4 5(2) FW
 ・DR(FW)、2UT(FW)、SW(4m)、2PT

5番385Y、PAR4 6(2)
 ・唯一このラウンドでFWを外し右ラフ、3打目のSWがきれいにグチャ・ラフから打ててGオーバー
  3オンせず4オン2PT。

6番433Y、PAR4 6(2) FW
 ・DR(FW)、4W(FW)、PWがショートして4オン2PT
西6番4W⇚動画へ  西6番家人⇚動画へ

7番211Y、PAR3 4(2)
 ・4Wは右ラフ雪、SWできれいに拾ったが惜しくも2PT。
西7番⇚動画へ  西7番家人⇚動画へ

8番378Y、PAR4 5(1) FW
 ・ここも3打目のPWがショート、でも1PTで何とかボギー。

9番513Y、PAR5 7(2) FW
 ・3打目の4Wがトップスライスで、5オン2PT
  西9番⇚動画へ

前半は16PTの48。
4Wで当たるときもあるが、頭を叩いてトップでボールが右に行くことも・・・。
もっとゆっくり振らないといけない。
SWはゆっくりを意識して「グチャ・ラフ」でも、上手く拾える。距離感がオーバー気味で調整が必要。

後半は前が少し詰まって30分程度で東コースへ。
1番518Y、PAR5 7(2) FW
 ・2回とも4Wが頭を叩いて、素ダボ

2番291Y、PAR4 5(2) FW、B
 ・2打目の5鉄がG前バンカーへ。SWで乗せて2PT。

3番146Y、PAR3 (2)
 ・強いアゲで、3UTで左4mにオン。2PTパー

4番346Y、PAR4 5(2) FW
 ・SWで上3mに3オン。惜しくもボギー。
  東4番家人⇚動画へ

5番369Y、PAR4 (1) FW
 ・残65YをPWで上1mに乗せ、1PTパー
  東5番⇚動画へ

6番455Y、PAR5 6(1) FW
 ・4打目のSWが上手くラフから打てたがGオーバーのカラーへ。PTでカップ縁に止まる
  東6番家人⇚動画へ

7番168Y、PAR3 4(2)
 ・2UTがゴロ。PWでG左ギリにオン。PTはまたカップ縁に止まる。

8番344Y、PAR4 5(2) FW
 ・3打目60YのPWが左4.5m、外してボギー。
東8番⇚動画へ  東8番家人⇚動画へ

9番325Y、PAR4 6(2) FW、池
 ・DRはFW真ん中。アゲ気味を2UTで打つも池へPWで上6m、2PTでダボ。
 ・最後で力んでしまう・・・

後半は16PTの45。このコンディションの中で、何とか踏ん張れた感はある。
合計32PTの93。
西コース5番でFWを外した以外は、すべてFWキープ。DRは納得のいく結果(ただ寒さで飛距離が出ていないが・・・)
変えたルーティンも、今日は最初から忘れずに実行できた。
パットもカップ縁で止まるケースも何回かあり、ラインは概ね読めていたのではないか、と思う。
SWはこのラフでも上手くウボールを拾うことが出来ることが分かった。
ただ、やはり脇締めで、PWと同様に自分が思っているより少し飛んでしまうように思う。
課題は4W。後半はまあまあ当たるようになったが、「ゆっくり」を心掛けることを忘れてはいけないようだ。

【今日のデータ】
パーオン率:5.6% パーセーブ率:16.7% ボギーオン率:55.6% ボギーセーブ率:66.7% 
FWキープ率:92.9% 平均パット数:1.7778 パー数:3

今年第1戦伊達カントリークラブでのラウンド・・・約4ヶ月ぶりのラウンドはこんなもんだろう

電話で取れてしまった(笑)伊達CCでのラウンド。
ラウンドは約4ヶ月ぶり。
ずっと晴れており、風も思ったほどではなく、この時期にしたら恵まれた条件か・・・。
ただ、FWには雪は無かったが、グチャグチャの所もあり、ラウンドの感覚を取り戻す練習と割り切った。
またスイングチェンジ(というよりルーティン変更)に自分を慣らすための練習でもあった。

伊達CCは恵庭CCグループ入りしたので、まず到着してクラブハウスがガラッと変わっていたのにビックリ
伊達クラブハウス1伊達クラブハウス2
伊達クラブハウス3伊達CC風呂

予定より少し早めにインからスタート。
さすがにまだ氷も張っており、また前半はティーが刺さらず・・・
伊達CCティー刺さらず伊達まだ氷

10番505Y、PAR5 7(2)
 ・最初からこのオフで身に付けたルーティン(行動?)を忘れる
 ・「左右の脚を交互に踏み込んでリズムをとって、左脚に踏んだ反動でテイクバック」 、
  これがティーアップでも、それ以外でも、後半2ホール目まで完全に忘れていた 
11番396Y、PAR4 5(1)  
12番401Y、PAR4 5(2) 
13番176Y、PAR3 5(2)
伊達13番有珠山を望む
14番360Y、PAR4 5(2) FW
 ・内浦湾の対岸の駒ケ岳もはっきり見えるほどの天気
  スコアは別として、景色を見に来たと言っても過言ではないほど
伊達CC北海道駒ヶ岳を望む伊達CC内浦湾を望む1
伊達CC内浦湾を望む2伊達CC内浦湾を望む3

15番360Y、PAR4 6(3)  
16番341Y、PAR4 5(2)
16番のティーショット。
 伊達16番DR⇚クリックで動画へ
  
17番115Y、PAR3 (2)
伊達CC17番

18番504Y、PAR5 6(2)
伊達CC18番
18番のティーショット。
 ・ここまではボールはタイトリスト・プレステージ。柔らかいと思っていたが、今日はあまり感じなかった。
  このホールから、ブリヂストン・ジョーカーへ。芯がある硬さが心地よく感じた。
 ・ティーも自由に刺さるようになり、高さも自分の希望の高さに出来るようになり、高弾道で飛ばせた。
 ・上手くグリーンそばまで行ったが、微妙なアンジュレーションでパーパットを外す。
 伊達18番DR⇚クリックで動画へ

前半は18PTの47。
もう少しどうかなったかもしれないが、まだまだ脇締めスイングでのアプローチが身に付いていないのが明白。
PWでのピッチエンドランが飛び過ぎてしまう・・・
また、ルーティンも忘れていて、FWキープも1回のみ
そしてSW。RTX-3はトップが多く、上手く芝を滑っていかない感覚。
腕はさておき、Vソールが原因?
今度はオフで練習していたヨネックスのウェッジも本番で使ってみよう。

待つかと思われたが、全く待たずにそのままスルーで後半へ。
1番390Y、PAR4 7(2)
2番530Y、PAR5 8(2)
 ・後半初め2ホールは2打目の4Wが頭を叩いてばかりのゴロ・・・
  しかし、それ以降は上手く打てていた。
3番367Y、PAR4 5(2) FW
 ・このホールから「左右の脚交互踏み込み」を思い出し、そのとたんFWをすべてキープ
  やはりこの動きは効果があると思う。
4番156Y、PAR3 4(2) B
 ・今年初バン入だったが、上手く距離も出せてグリーンオン。ただ上につけたので、速い下りで2PT。
5番410Y、PAR4 6(2) FW
6番462Y、PAR5 6(1) FW
 ・3打目までFWキープ、花道と来たが、PWでのピッチエンドランが飛び過ぎてグリーンオーバー。
  昨年までは手で打っていたことがよくわかるが、この脇締めのアプローチは変えられない。
  習得するしかない・・・。
7番425Y、PAR4 6(2) FW
8番173Y、PAR3 5(2) 
9番310Y、PAR4 5(2) FW
 ・ティーショットは強い球でFWど真ん中へ。やっとリズムの取り方なども練習時を思い出した感じ。
 ・PTは1.5mがカップの縁で止まり、ボギー。
 伊達9番DR⇚クリックで動画へ   伊達9番家人DR⇚クリックで動画へ

後半は、出だし連続トリプルが響き、17PT52の大叩き。
でも、4Wの感覚も思い出し、DRもリズムを思い出してからはFWキープ出来ているので、スコアほどの感覚は無い。
これからの課題が明確になったのは明らか。
脇締めのルーティンは忘れないが、「左右の脚交互踏み込み」は忘れないようにしないと・・・。
スコアカードか、手に書いておくか・・・
今日の収穫は、何とかアイアンが以前よりは打てそうな感覚があったこと。
特に5鉄がしっかり打てることがわかった。
4Wも然り、かなり使える実感。
今日の反省を少しでも生かして次回に期待 

いきなり今シーズン初戦を迎える・・・

原点に立ち返って、今の練習の感覚がラウンドでその通りの感覚で実現すれば、即ちアイアンが普通に
打てるようになれば、SETTINGを再考する必要が出てくるかもしれない。
まず5UTが不要になる可能性がある。
5鉄が普通に打てれば5UTの存在価値自体が危ぶまれる。

また、4W(16.9度)もあるので、2UT(18度)の見直しもあるかもしれない。
ただ、ラフからのFWは下をくぐる可能性もあるので、これはそのままかも・・・。

などと考えているうちに、急遽、ラウンドが決まった。
コースに電話してみたら取れてしまった、という事情で、いきなり迎える今シーズン初戦は、伊達カントリー倶楽部
雪が早く無くなるか、最後まで降らない伊達なので、過去は、シーズンイン最初、または終了間際専門のゴルフ場、
というイメージ。
昨年も最初のラウンドがここでだったが、シーズンオフ前にDRを軟重の元調子にリシャフトした初戦で、
大失敗だったことを実感したラウンドだった→昨年初戦

調子の悪い腰のためにカイロプラクティックに行った矢先だったが・・・。

心のも身体も準備不足だが、スイングチェンジのお試しラウンドとして、まずは丁寧にプレーすることを心掛けたい。

(記事とは関係ありません)
記事に関係無し

今年第47戦樽前カントリークラブでのラウンド・・・今年鴨鍋初戦で最終戦

今シーズン最終戦としてダメ元で予約していた樽前CCは雪の心配は無かったので、ラウンドへ。
4年ぶりの樽前、以前は行っていたんだけどなぁ・・・。
樽前クラブハウス前樽前ロッカー

しかし気温は0~2℃程度。風が無かったのが救い。
「装束」は、ヒートテック、ウールタートル、フリース、カーディガン、ダウンと薄着を重ね着。
防寒準備万端だったので、あまり寒さは感じなかった(顔は別)。
ただ、ダウンを着ると身体が回りづらくなる・・・。
クラブハウス前の大きな池は凍りっ放し

樽前G状況樽前クラブハウス前池

前半は北コース。
当然、グリーンやフェアウェイ、そしてティーグラウンドは凍っている・・・
1番505Y、PAR5 6(2) FW
  ドラコンの安楽プロの動画を見ていて参考にしてやってみようと思ったDRのティーショットを実践してみたら、大成功。
  2打目はいきなりロッディオ4Wの初登場だったが少し引っ掛けて左ラフへ。行ってみると思いの外飛んでいたようだ。
  9鉄で乗らずSWで乗せて2PT、ボギースタート。グリーンに直接落とすのが怖い・・・。
  ちなみに安楽プロのティーショットとは、
  「腰を回す意識ではなく、右に踏み込み、それから左に踏み込んで、途中ではインパクトを意識しない」
  というもの。

2番368Y、PAR4 5(2) FW
  樽前北#2
  DRはFW、6鉄で右ラフ、PWで乗せて3.5mを外して2PT、ボギー。
  樽前山がきれい・・・

3番148Y、PAR3 4(3) B
  ピンは奥だが、6鉄で右前バン入。SWでグリーンに乗せると「コンコンコン」と弾んで4mまで寄ったが惜しくも外す。

4番398Y、PAR4 6(3)
  打ってはいけない右に飛んだが、ラフで止まっており、2UTでこれまた意図より右に出たが、凍ったFWで弾んだらしく、
  花道までPWが変にキックしてあまり寄らず、凍ったグリーンに翻弄されて3PT。

5番366Y、PAR4 8(3)
  身体が回らず、手打ちで引っ掛け左ラフ。左ギリギリを狙ってしまって、木に当たる。今度は下を抜こうとして、
  また木に当たる。乗せるつもりがFW止まりで、5オン3PTのダブルパー
  「最初からFWに安全に出しておけば・・・」を改めて実感。シーズンではこういう冒険はしないようにしよう。

6番503Y、PAR5 (2) FW
  DRはFW右、2UTがFWで跳ねFW左、7鉄で2段グリーンの上の面に乗せ2PT、パー
  北コースでのHDCPが1だが、上手く攻めることが出来た。

7番356Y、PAR4 6(3) FW、B
  FW左から7鉄でG右前バン入、SWで乗せたが3PT

8番154Y、PAR3 5(1)
  樽前北#8
  ショートティーが上手く刺さらないままに、2UTで打ったら、右の斜面に跳ね返されてOB
  プレ4で乗せて、とりあえず1PTのダボ。
  ティーは全ホールで、他人の穴の中で適当なものを探して刺して打った。

9番378Y、PAR4 4(1)
  FW左から2UTでG右ラフ、PWで乗せて2PT、ボギー。
  樽前北9番DR⇚動画へ   樽前北9番Y氏DR⇚動画へ
  樽前北9番家人DR⇚動画へ

前半は20PTの50の大叩き。
フェアウェイもグリーンも凍っているので仕方ないと思いながら、最終戦なので、やはり残念
でも、風があまり無いので、比較的普通に回れる感じで、そのままスルーで後半南コースへ。
40分待ちと掲示されていたが、それが無かったのも幸運
  樽前北→南

後半は南コース
1番471Y、PAR5 7(1) B
  右バンカーの先のアゴに止まり、7鉄で打ったらその先のバンカーへ。また7鉄で出しラフ。
  5鉄でFW右。これは上手く打てたしかしSWでショートしてカラー。外PTで寄せて、1PTのダボ。
  つい凍ったグリーンを考えて直接オンを避けてしまい、ショート気味

2番359Y、PAR4 6(3)
  左ラフから2UT、PWで乗せたが、3PT、ダボ。

3番395Y、PAR4 5(1) FW
  樽前南#4
  ドローでFW真ん中だったが、2オン狙って力んで2UTがゴロ、PWはGを横断して転がり奥のカラー。
  9鉄で1.5mに寄せ、沈めてボギー。

4番131Y、PAR3 (1)
  7鉄が変なキックでG左ラフ、PWで上1mに寄せ、入れてパー
  樽前南4番⇚動画へ   樽前南4番Y氏⇚動画へ
  樽前南4番家人⇚動画へ

5番370Y、PAR4 5(2)
  右ラフだが前に木があり、4Wで左ラフへ。PWで乗せ2PT、ボギー。

6番371Y、PAR4 6(3) FW
  FWから2UTで右ラフ、PWでオンしたが、3PT・・・。

7番337Y、PAR4 5(2) B
  右バンカーに入れて5鉄でラフへ出し、9鉄でピン奥オン、2PTでボギー。
  まだグリーンは凍っており、手前から奥まで横断していく・・・。またフォークが刺さらない・・・

8番164Y、PAR3 (1)
  樽前南8番樽前南#8
  打ち下ろしが大きく距離感が難しい南8番、3UTで打った球はピン左前1.2mにオン
  これを慎重に決めてバーディー
  しかし相当な打ち下ろしだが、ボール痕は少しだけ。だからといって跳ねる訳でもなかった・・・。

9番523Y、PAR5 6(3) FW
  DRはFW右、ロッディオ4Wが非常に良い当たりで、FW、4UTで奥のピン左に3オン。
  しかし欲をかいて連続バーディーを狙って入れにいってしまい、3PTのボギー
  せめてパーを狙っておけば・・・
  (ロッディオ・バフィーいい当たり
  樽前南9番FWロッディオ⇚動画へ
  (↓ 奥のピン左に3オン)
  樽前南#9の3オン
  
後半は17PTの45。やはりPTは多めだったが、何とかまとめた感じ。
初めて使ったロッディオ・バフィーも、コラソンでは「?」という感じもあったのは事実だが、ラウンドでは今回は使えた。
練習とラウンドでこんなに感覚が違う武器も珍しい?
帰りに工房さんでのリシャフト(挿し替え)も考えて、X2HOT4Wも持って来てはいたのだが・・・。
まずは必要無さそうだ・・・。

ラウンド後は待望の鴨鍋
非常に体が温まり、美味だった
樽前鴨鍋1樽前鴨鍋2

さすがに今日が最終戦(鴨鍋は初戦だったが・・・)。
課題も結果もいろいろと思うところがあったので、またオフでの課題として、見直していこう。