7Wの代わり候補を打ち比べしてみた・・・予約投稿

コラソン0702

『足りない部分を補えるか・・・』で比較したが、ラウンド直前に入手したX2HOT-UT(19度)も加え、
少しだけ真面目に練習場で打ち比べしてみた。

比べたのは、以下の4本。
・X2HOT FAIRWAY WOOD 21度、42.0インチ
・EPON AF-201 22度、41.5インチ
・BIG BERTHA STEELHEAD PLUS 20度、41.5インチ
・X2HOT UT 19度、41.5インチ

そもそもは、「X2HOT FAIRWAY WOOD(7W)がダフってばかりなので、その代わりになるものを」
との発想から。
同じX2HOT FAIRWAY WOODでも4Wは、「自信の武器」となっているのに、それより短い7Wが、
なぜか打てない・・・。

X2HOT UT 19度は、練習場で少しコツを掴んだようで(ヘッドの重みを感じ、ストンと落とす
イメージで振る)、これが一番球が強く方向性も良さそう。

一番上がX2HOT UT 19度。その下がロマロUT(21度、24度)。
UT3本比較
ただ、トルクが2.9のせいか、どうもヘッドが重い感じが拭えない・・・。
シャフトの重さは他のUTより少し軽いのだが・・・。
まずは鉛で調整してみて、それでもダメなら、
いっそのこと他のUTに合わせて、フジクラのMCH70(S)にリシャフトしてしまったほうが良いかもしれない

それでもダメなら、
プロシード・ツアーコンクェストRチタニウムUTプレミアムやA GRINDの18度UTヘッドに再挑戦

マンションドア故障
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/07/03 ] 練習 | CM(0)

雨でラウンドせず・・・ショートウッドを打ち比べ

527コラソンオレンジヒッキーズ


「ヒッキーズ」をオレンジに替えて、少しおしゃれ感を出したのだが、以前から雨予報だったので、既にラウンドをキャンセル。
ショートウッド7W(21度)と9W(22度)のどちらをエースウッドにするか、を確認した。

左が7W正面、右が9W正面。
顔は9Wのほうが締まっているのだが、こうやって比べて打つと、やはりチタンの21度なので、
7Wのほうが飛んでいるようだ。方向性も落ち着いて振れば問題無い。
20度のAF-201(ステンレス)、という手もあるが、まずは結論は7Wかな・・・。
7W正面527⇚クリックで動画へ   9W正面527⇚クリックで動画へ

7Wのスロー・・・。そして線入り。
7W後方スロー527⇚クリックで動画へ   7W後方スロー線入り⇚クリックで動画へ

それ以外には、7鉄とSWを練習。
SWのスピンのかけ方もいろいろ試してみて、ラウンドでも出来そうな気がしてきた。
7鉄正面527⇚クリックで動画へ   SW後方スピン527⇚クリックで動画へ
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/05/27 ] 練習 | CM(1)

球の捕まりが悪く改めて復習・・・右肘下意識の脇締め

エポンのFW(22度)を試し打ちに軽くコラソンへ。
混んでいて、打席は左端。
コラソン0505

まずはエポン22度FW。音は「パシッ」で金属的な感じはしない。
でもあまり上手く球が捕まらず・・・このアッセンブルは失敗だったかな、という思いが頭を過る。
  9W後方⇚クリックで動画へ

そして7鉄。FWよりは捕まっているが、微妙に芯に当たっていない感じ。
たまに強さが無く、あの柔らかい打感が手に残らない・・・
  7鉄斜め後方⇚クリックで動画へ

だが、試行錯誤しながら、ふと気付いたのは、脇締めではあるが、肘が下を向かなければいけないということ。
単に脇を締めているだけでは違う。
特に右の肘を下に向けて胸の上に腕を乗せることを、左よりも意識すると・・・
全く強さが違う球が出た。何回繰り返しても同じ
  7鉄斜め後方脇締め改⇚クリックで動画へ

4Wも同じように、気付き前と気付き後。インパクトの音が違う。
動画は無いが、22度FWでも試したら、球の捕まりが全く変わり、22度FWを導入してよかったのではないか、と
思えるようになった。
  4W後方⇚クリックで動画へ   4W後方脇締め改⇚クリックで動画へ

帰りの新川通りは桜が満開。ゴルフパートナーも車が一杯。帰ったら「爽」
新川桜2新川桜1
ゴルフパートナーも混んでいる爽冷凍みかん
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/05/05 ] 練習 | CM(2)

4W取捨選択、SWも練習へ・・・

1UT、各種4Wを持って、もう一度確認へ。TOUR WEDGEも持参。
早い時間なので、まだ空いていたが、風も無く晴れていたので、帰った後は混むだろう。
それでも気温は3℃程度。
コラソン0326の1コラソン0326の2

今後の見通しをつけるために、まずは4Wと1UTを打ち比べ。
結局はX2HOTは使えるが、それ以外はあまり残しておく必要は無さそう。
打ち比べていて、ロッディオ4Wの引っ掛けが少なくなった。
とにかくスイングをコンパクト(特に右脇を開けずにトップも小さめ)することを意識したせいか・・・。
また微妙な左向きフェイスも気にならなくなった(スチールヘッドプラスはの酷い左向きに比べれば・・・)。

後方、後方スロー。
4W後方⇚クリックで動画へ   4W後方スロー⇚クリックで動画へ

正面、後方低アングル。
4W正面⇚クリックで動画へ   4W低アングル⇚クリックで動画へ

右斜め前。
4W斜め前⇚クリックで動画へ



そして操作に慣れるために、TOUR WEDGE。
後方、後方低アングルスロー。
SW後方⇚クリックで動画へ   SW後方スロー⇚クリックで動画へ

正面アプ、斜め後方。
SWコック無し運び⇚クリックで動画へ   SW斜め後方⇚クリックで動画へ

右斜め前、右斜め前スロー。
SW斜め前⇚クリックで動画へ   SW斜め前⇚クリックで動画へ
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/03/26 ] 練習 | CM(0)

雪でクローズ・・・第2戦は中止、練習へ

第2戦を予定していたが、朝、電話確認したら
  「クローズを決定しました・・・」

札幌は2日連続でかなり降ったが、苫小牧方面は大丈夫と思っていたのだが・・・。
初めて回る北海道GCイーグルコースだったので残念。

朝早く目が覚めたので、そのまま市場へ。
市場買物

その後、頼んであったSWを工房さんへ取りに行く。
EPON TOUR WEDGE。シャフトはモーダス・システムツアー125(S)
56度、ライ角63.5度、長さ35.25インチ、バランスD4、470g。
まだパーツが届いたばかりで、組み立てを待って受け取る。
エポン TOUR WEDGE1エポン TOUR WEDGE2
エポン TOUR WEDGE3エポン TOUR WEDGE4
エポン TOUR WEDGE5エポン TOUR WEDGE6

接着剤が乾くのを待って練習へ。DR、4W、7鉄、SW(EPON)を持参。
まずは7鉄。
   7鉄後方0325⇚クリックで動画へ

4W。
アイアンやDRより、無意識にスイングが大きくなっているという指摘。
コンパクトに脇を締めたスイングが出来ていないようだ。
   4W後方0325⇚クリックで動画へ

DR。
こちらは良好。コンパクトに脇を締めて身体と同調して、『ダウンからインパクト過ぎまでのスイング』のイメージでも
しっかり飛んでいる感覚。
   DR後方0325⇚クリックで動画へ

4Wは実戦では当たっていたことが多かったが、練習場だと、つい力が入ってしまうのか・・・。
なお、EPON TOUR WEDGEはなかなかいい感じ・・・。
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/03/25 ] 練習 | CM(0)

さっそく反省・復習・・・

急なラウンドで身体中が痛いが、忘れていたこと(ばかり)を復習のため、コラソンへ。
暖かいせいか、早い時間にもかかわらずあっという間に満員に・・・

コラソン0320の1コラソン0320の2

ラウンドで、後半に入ってから思い出した新ルーティン。
練習中から忠実に再現していなかったから身に付いていないことを実感。
実際に何度も繰り返し復習した。
要は『自分のリズムを作る』だ。クラブは6鉄。
コラソンルーティン復習⇚クリックで動画へ   コラソンルーティン6鉄後方⇚クリックで動画へ

ラウンドではほとんどがPWでのアプローチだったが、唯一SWでアプローチした際に、
コックを使わずに少しフェイスを開いて振ったら、ピタッと止まるアプローチになったことが忘れられず、
これが出来るなら、と思い復習。
普通にコックは使わず、三角形を崩さないイメージでターゲットに向かって振るだけ。
フェイスの開き具合でボールの高さが変わってくるが、ロブにならない程度がちょうど良さそう。
ウェッジはヨネックスのEZONE、N1-W。やはり、こちらの方がソールが滑る感が強く、安心。
コラソンSWコック無し正面⇚クリックで動画へ   コラソンSWコック無し後方⇚クリックで動画へ
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/03/20 ] 練習 | CM(1)

スイング復習繰り返し・・・得たヒントを1つずつ身に付けていく

穏やかな天気の中、練習へ。
練習場の開始時間も早まっており、あっという間に打席も埋まっていく・・・
コラソン0312隣打席4

少しして隣打席に入った人のクラブを見ると、エポン、ロマロ、バルド・・・
まず、キャディバッグがエポン。そしてアイアン単品ヘッドカバーもエポン。
ドライバーはエポン、S-YARD(OEMでエポン?)、UTはロマロのRAY-UTやI-BRID(シャフトはATTAS5gogo)、
アイアンは(バックフェイスから恐らく)エポンAF-702か703。
久しぶり、いやこれだけ揃っている人を練習場で見たのは、初めてかもしれない
隣打席1隣打席3
隣打席2EPONAF702

持っていったのは、DR、4W、6鉄、9鉄、SW(RTX-3 BLADE)。
目的は、アイアンと4Wの確度を高めること。そして新SWの感触確認(「道具変えない」のはずだが・・・)

クリーブランドRTX-3 BLADEは、打感が柔らか。トップブレードが厚いのは自分の好み。
Vソールも違和感は無い・・・。
グリップはクリーブランド純正アクションフィールグリップエンドブルー(ラムキン)で、初めてのラムキングリップ。
少し太い気がしたが、ゴルフプライドと変わらないくらいしっとり感がある。
狙ったところに正確に打てる感覚があり、なかなか良い感触。
少し開くだけでボールもよく上がる。あまり開き過ぎると歯が浮くので、ロブはほんの少しで良さそうだ。
RTX3の1RTX3の2
RTX3の3RTX3の4

6鉄。
今までの捻りよりもう少し一捻りすると、飛ぶことが分かったが、微妙に正確性が犠牲になるように思い、
その辺りは無理をしない程度が一番良さそうだ。
ボールが当たった感触が無いくらい柔らかく感じるインパクトが続いた。
   6鉄後方⇚クリックで動画へ   6鉄後方スロー⇚クリックで動画へ

4W。
ゆっくりテイクバック。ダウンで一点に向け降り下ろす感覚。すると引っ掛けない。
今まで、切り返しが早すぎたように感じた。これはドライバーでも同じ。
捻りも同じで、無理すると正確性が犠牲になる・・・。
   4W後方スロー⇚クリックで動画へ

DR。
早く振ろうとする、もう一捻りする、など考えると、微妙にボールが安定しないので、
『自分に合った適正な振り』が安定し、かつ、飛距離も出るのが実感。
   DR後方スロー⇚クリックで動画へ

出るころには、駐車場もかなり埋まっていた・・・
コラソン0312の2   
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/03/11 ] 練習 | CM(0)