スウェー度検証・・・(予)

スウェー度の中間チェック。
以前よりは少し収まり傾向かもしれない
スウェー確認1
スウェー確認2
スウェー確認3 ここで左へややスウェー
スウェー確認4 インパクト以降は問題無さそう。
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2018/05/24 ] 分析 | CM(0)

今年第11戦御前水ゴルフ倶楽部でのラウンド・・・前半と後半は別人?(予)

経営が変わって名前も昔の「御前水ゴルフ倶楽部」になってから初めて、お仕事関連のラウンド。
御前水新1御前水新2
御前水新3御前水新4

アウトからスタート。
1番385Y、PAR4 7(3)
 ・DRは右林、木の間を5鉄で抜いたがバン入、4オン3PT。
 ・前日のミネラル不足?からか、左足が攣る
2番176Y、PAR3  4(1)
 ・2UTトップして、3オン1PT、ボギー。
 ・今度は右足が攣る
3番361Y、PAR4 5(2)
 ・右ラフ、3UT、SWで3オン2PT。
 ・先に飲んだ芍薬甘草湯が効いてきたのか、やっと足の攣りは治る
4番365Y、PAR4 8(2) OB
 ・右斜面下ラフから3UT前上がり掴まり過ぎでOB、打ち直してバン入、「8」を叩く
5番553Y、PAR5 7(2) B
 ・4Wは1回ゴロ、4UTもバンカーに入れ、ダボ。 
6番327Y、PAR4 6(3)
 ・2打目でG直前で、PWで乗せたがアンジュレーションが読めず、3PT
7番196Y、PAR3 (1)
 ・2UTで花道、PWで寄せて1PT、やっとパー 
8番520Y、PAR5 7(3) FW
 ・左コースをDRでFW、4W左ラフ、2UTで花道、SWが突っ込み不足で3PT
9番395Y、PAR4 5(2) FW
 ・4Wで花道、SWで乗せたが突っ込めず、2PT、ボギー。
   
前半は19PTの52。
足が攣って始まったのがつまづきの元。FWキープ2回だけの冴えないラウンド。
加えてOBまで

そのまま少し待ってインコースへ。
10番543Y、PAR5 6(2) FW
  ・花道からのPWのアプが上4mに。もっと寄せないと・・・。
11番404Y、PAR4 5(1) FW、B
  ・3打目PWでG左バン入、しかし砂イチでボギーに収める。
12番150Y、PAR3 (2) 
  ・7鉄で左前5.5mにオン、惜しくもパー
13番350Y、PAR4 5(1) FW
  ・2打目が左の林、そこから木にキンコンカン、次にPWで難しいライからOKに寄せる
14番344Y、PAR4 8(3) B
  ・左OBギリギリ、5鉄でFWに出したが、9鉄でG前にバン入、BtoBでダブルパー
15番144Y、PAR3 (1)
  15番名物ホール
  ・打ち下ろしの名物ホール。7鉄(ピン右1.5mオン)、1PTバーディー
   このホールはバーディーが多い・・・。
16番338Y、PAR4 5(1) FW
  御前水16
  ・DRは飛んでFW真中、今までGが正面に見えるところまで飛んだ記憶は無い。
   6鉄(右木の下ラフ)、PW(G前花道)、PWでOKに寄せる。 
17番402Y、PAR4 5(1)
  ・ダフって左ラフ、そこから何とか繋いで、4オン1PTに収める。
18番479Y、PAR5 (2) FW
  御前水18
  ・ここもDRは飛んでFW真中、バンカー横までは初めて4W(右ラフ)、
   2UTでGギリ左オン、2PTのパー
 
後半は14PTの44。
FWキープも増え、終盤はDRも飛んでいる。
トータル33PTの96。
後半のようなゴルフが何時も出来れば・・・。

【今日のデータ】
パーオン率:16.7% パーセーブ率:22.2% ボギーオン率:50.0% ボギーセーブ率:66.7% 
FWキープ率:50.0% 平均パット数:1.8333 バーディー数:1 パー数:3

家人、キャップをポチッ・・・

アンパスィのキャップ。シンプルで良さそう・・・。
アンパスィ家人帽子
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2018/05/18 ] 雑感 | CM(2)

今年第10戦マオイゴルフリゾート(ペケレ➡マオイ)でのラウンド・・・以前より難しくなった?

三セクから恵庭系になって初めてのマオイゴルフリゾートへ。
クラブハウスも改装されており(階段が変わった)、高級感が漂う。
その分、オンシーズンでは料金も上がってしまったが、ちょうどオフシーズン料金最後で回る。
新マオイ1新マオイ2
新マオイ6新マオイ5

グリーンは速い記憶だが、どうもそうではなさそう・・・。
新マオイ4新マオイ3

予約はマオイコースからだったが、到着して急遽ペケレコースからスタートに。
◆1番340Y PAR4 5(2)
  ペケレ1番
  ・ペケレの1番は視覚的にプレッシャー大。DRは左ギリラフで、大きめの7鉄でGを狙ったら、
   本当に大きかった。しっかりアイアンが打てている証拠?

◆2番134Y PAR3 5(2)
  ・8鉄でややトップめで、谷の壁に刺さる、プレ3でダボ。

◆3番551Y PAR5 6(2)
  ・DRは右ギリラフ。以前に比べしっかりラフが刈っており、ただ草も強く、ボールがスッポリ
   埋まるようになっていた。4Wで出ずに、マオイののラフは今後はアイアンだと実感。

◆4番346Y PAR4 5(2) FW
  ペケレ4番
  ・FW真中から2UTで右ラフ。距離は合っていたようだ。逆目のラフからSWで乗せて2PT。

◆5番312Y PAR4 5(2) FW
  ・DRはFWやや左、8鉄で右池を逃げ左ラフ、PWでピンオーバーで2PT。

◆6番135Y PAR3 (1)
  ・池から左へ風、7鉄で左ラフ、PWで乗せて1PT、パー。

◆7番332Y PAR4 (1) FW
  ・DRでFW、3UTで加減して花道、PWで右1.5m前から1PT、パー

◆8番485Y PAR5 (1) FW
  ・3打目の8鉄が右ラフだったがPWで下1mにつけ1PT、パー

◆9番365Y PAR4 7(2)
  ・DRが右ラフで右ドッグのホールなので前に木、9鉄は木に少し当たり、
   SWの寄せもG奥のラフ、トリプルを叩く

前半は、15PTの45。
途中3連続パーと安定したが、最終9番で打ってはいけないところにDRで打ってしまう
それでも、過去に来たときよりも、DRは飛んでいる位置にある。JGRボールのおかげか?・・・

後半はそのままマオイコースへ。
◆1番338Y PAR4 (2)  
  マオイ1番
  ・DRはFWど真ん中に飛び、そして初めての景色まで安全に大きめの4UTで打ったら
   やはり大きく、ピン上4m。2PTでパー。

◆2番521Y PAR5 6(1)
  マオイ2番
  ・DRは左斜面中腹ラフ、2UTがナイスにFW中央、4Wは左ラフ、SWでGオーバー、
   乗せて1PT。
  (家人はこのホール、バーディー
  マオイ2番家人⇚クリックで動画へ  

◆3番143Y PAR3 4(2)
  ・5鉄で右ラフ、PWで下り止まらずピン左3m、2PT。
  マオイ3番自分⇚クリックで動画へ  マオイ3番Y氏⇚クリックで動画へ

◆4番292Y PAR4 (2) FW
  マオイ4番
  ・DRはFW中央、9鉄で右5.5m、2PTのパー
  マオイ4番自分⇚クリックで動画へ  マオイ4番Y氏⇚クリックで動画へ
  マオイ4番家人⇚クリックで動画へ

◆5番496Y PAR5 7(2) FW
  ・ピンの位置が非常に厳しい一番奥。4打目60YをPWで止まらずにG奥ラフに外し、素ダボ
   やはりSWだったか・・・
   マオイ5番G

◆6番333Y PAR4 5(3) FW
  ・DRが飛んで残110Y、PWで前から行って2オンしたが、G奥へ転がる。
   G直接オンはダメってことか?アンジュレーションに惑わされ3PT

◆7番132Y PAR3 4(3)
  ・大きめの6鉄で左上の段にオン。でも3PT。やはりしっかり番手通り打てているようなので、
   「大きめ」は少し控えめに考えないと・・・。
  マオイ7番PT⇚クリックで動画へ  マオイ7番Y氏PT⇚クリックで動画へ
  マオイ7番家人PT⇚クリックで動画へ

◆8番346Y PAR4 5(3) FW
  ・DRはFW中央IP超え。これ以上ないというほどのティーショット
   しかし沢越えのGピンはまたまた厳しい二段Gの上の段。大きめの4UTで打ったが、
   さすがに上段には乗らず、斜面で戻って下の段に。今までなら完全にバーディーチャンス。
   かなり強く打ってもやっと上の段に到達で、3PTのボギー。
   マオイ8番ピン位置

◆9番336Y PAR4 6(2) OB
  ・せっかく耐えてきたのに、最終ホールで右にOBプレ4でGオン、2PTでダボ。

後半は20PTの45。トータル35PTの90。
OBなどもあり、もう少し慎重さがあればどうにかなったかもしれないが、納得のいくショットもあり、
飛距離も伸びている感触が確かめられたので、満足なラウンドではあった

【今日のデータ】
パーオン率:27.8% パーセーブ率:27.8% ボギーオン率:72.2% ボギーセーブ率:77.8% 
FWキープ率:57.1% 平均パット数:1.9444 パー数:5